このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0395
たぬきとゆうれい
狸とゆうれい
高ヒット
放送回:0247-A  放送日:1980年07月26日(昭和55年07月26日)
演出:前田康成  文芸:沖島勲  美術:大山哲史  作画:前田康成
徳島県 ) 20489hit
あらすじ

むかし、徳島県の脇町猪尻(いのしり)の墓場では、狸達が悪さをしとったそうな。それで村人達は狸を退治しようと話し合ったが、なかなか名乗りをあげる者はおらんかった。とうとう「よし、わしが行っちゃろう!」と、平八という若者が名乗りをあげた。

平八はナタを一本持って出かけて行った。そうして墓場に着くと、平八は大きな木の上に登って様子を見ることにした。すると、「平八のおっ母さん(おっかさん)が病気になってしもうたぞ~!」と言いながら、隣の親父さんが現れた。平八は、これはもしかしたら狸かもしれんと思い、木から降りていかんかったそうな。

しばらくすると、今度は隣の親父さんと平八の弟が現れて、「おっ母さんが亡くなったぞ~!」と言う。じゃが平八は、これも狸かもしれんと思い、木から降りていかんかったそうな。またしばらくして、今度は葬式の行列が木の下にやって来た。人々は木の下に平八のおっ母さんの死骸を埋め、帰って行った。平八はこの時初めて、おっ母さんは本当に急な病で死んだんじゃないかと思うた。

すると真新しい墓の土がぼこぼこと動き、土の中からおっ母さんの幽霊が現れた。平八は、これはもう狸に間違いないと、ナタを幽霊に投げつけた。ナタは幽霊にあたって、幽霊は倒れてしもうた。じゃが、狸のはずの幽霊は、いつまでたっても尻尾を出さんかった。平八は驚いて、今度こそ本当におっ母さんをやってしまったと思うた。平八は慌てて木から降り、「狸じゃと思うたんじゃよ、おっ母さん…!」と、おっ母さんの幽霊の傍で泣き崩れた。

や がて最明寺(さいみょうじ)の鐘が鳴り夜が明ける頃、平八のおっ母さんが心配してやって来た。墓場の木の下では、平八が大きな古狸を抱いたまま、泣き疲れ て眠っておった。おっ母さんの幽霊はやっぱり狸じゃったのじゃ。それはもう、見たこともない真っ白い毛をした古狸じゃった。

やがて目を覚ました古狸は村人達に謝り、脇町の狸は親分がやられてしもうたので、その後大人しゅうなったそうな。

(投稿者: ニャコディ  投稿日時 2013-2-11 13:00)


ナレーション市原悦子
出典湯浅良幸(未来社刊)より
出典詳細阿波の民話 第一集(日本の民話08),湯浅良幸、緒方啓郎,未来社,1958年06月15日,原題「狸とゆうれん」,採録地「美馬郡」,話者「笠井新也」
場所について美馬市脇町大字猪尻(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.0000 8.00 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/2/11 15:05 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)