このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0389
べにほおずき
紅ほおずき

放送回:0243-B  放送日:1980年06月28日(昭和55年06月28日)
演出:しもゆきこ  文芸:沖島勲  美術:しもゆきこ  作画:しもゆきこ
京都府 ) 10382hit
ある夏の一期一会

めったに人など通らぬ丹波の山奥に、今日は珍しく旅の男が通りかかりました。

男が木陰で昼寝している間に、すっかり日が暮れてしまい道に迷ってしまいました。一軒の炭焼き小屋を見つけて一晩の宿を頼むと、老夫婦は快く迎え入れてくれました。久しぶりのお客さんに、老夫婦は喜びながら、旅の男から都の話など聞かせてもらいました。

男は、たった一人の妹がもうすぐ結婚するという事で、都へ帰る途中でした。翌朝、目を覚ました男は、庭に真っ赤なほおずきを見つけました。丹波は紅ほうずきの産地なのです。

男は、幼少期に妹とほおずきで遊んだ事を思い出しました。赤い実を口に含んで軽く噛むとキュッと音がするので、妹はこれをとても喜んでいた事を懐かしく思い返していました。

そんな中、老夫婦が血相を変えて、男がほおずきを折ってしまった事をとがめました。お婆さんは「ほおずきはお日さまの赤ん坊。その赤ん坊の首をちょん切ってしまうなんて、きっとバチが当たるよ」と、言うのです。

それを聞いた男は、ちょっと不安になりました。するとタイミングよく大雨が降りはじめ、三人は急いで家の中にかけ込みました。お婆さんは「やっぱりバチがあたったよ。こんな雨だと今日は何にもできないから、さぁさ、旅の話でもして下さい」と言って、ゴロリと寝転がりました。

(紅子 2012-8-7 2:16)


ナレーション市原悦子
出典二反長半(未来社刊)より
出典詳細京都の民話(日本の民話41),二反長半,未来社,1965年10月10日,原題「紅ほおずきはお日さまの赤ん坊」,原話「小山田いと」
場所について丹波の山奥
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
6.6667 6.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/7 2:16 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)