このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0384
たんぽこたん
タンポコタン
高ヒット
放送回:0240-A  放送日:1980年06月07日(昭和55年06月07日)
演出:高沢孫一  文芸:沖島勲  美術:小関俊之  作画:土橋博
大分県 ) 24324hit
あらすじ

ある村に太郎兵衛(たろべえ)という怠け者の若者が住んでいた。

ある夜、太郎兵衛が囲炉裏端で寝ていると、どこからか風が吹き込み、囲炉裏の火を消してしまった。そして家の庭先から不気味な声がするのだ。その声は、「た~ろべえは、タンポコタン」と言い続ける。

太郎兵衛は立ち上がろうとするも、どういう訳か足が立たない。太郎兵衛は恐ろしくなり、布団の中にもぐり込み、朝までガタガタ震えていた。

翌朝、太郎兵衛は村一番の物知りと言われる林右衛門(りんえもん)の家に相談しに行った。林右衛門は、「それは魔性の者じゃ。若い者を数人集めて口争いをすればいい」と言う。相手が「た~ろべえは、タンポコタン」と言ってきたら、「そう言う者こそ、タンポコタン」と言い返せばいいと言う訳だ。

そこでその夜、太郎兵衛は村の腕っぷしの強い若者四人を家に呼んで、化け物が現れるのを待った。やがて夜も更けた頃、庭先から「た~ろべえは、タンポコタン」と声が聞こえてきた。太郎兵衛たちは1人ずつ交代して、「そう言う者こそ、タンポコタン」と言い返す。

何しろこちらは五人。こんなやり取りをしていると、相手の声はだんだん弱々しくなってきた。そしてついに、「ドサッ!」と何かが庭先で倒れる音がした。「今だっ!!」皆で外へ出てみると、声の主はたぬきだった。たぬきは息も絶え絶えになりながら、山へと逃げ帰っていく。

翌朝、この事を聞いた林右衛門は、「たぬきは人の魂を取って長生きするのじゃ。特にお前のような怠け者が大好きなんじゃよ。お前たちは魔性に勝ったのだから長生きする」と笑いながら言う。

この事があってから、太郎兵衛は心を入れ替え、真面目に働くようになったそうな。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典土屋北彦(未来社刊)より
出典詳細大分の民話 第一集(日本の民話49),土屋北彦,未来社,1972年08月15日,原題「タンポコタン」,採録地「大野郡三重町」,話者「伏野武男」
場所について高寺集落(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)