このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0369
てんぐのはな
天狗の花

放送回:0231-A  放送日:1980年04月05日(昭和55年04月05日)
演出:馬郡美保子  文芸:漉田實  美術:馬郡美保子  作画:馬郡美保子
大阪府 ) 18769hit
あらすじ

昔、浪速(大阪)の町に、安やん(やすやん)という若い商人がいました。

安やんは「なんでも屋」さんで、どんな商品でも取り扱いました。安やんは、若いうちに商売のコツをしっかり学んで、いつか浪速の大商人になるのが夢でした。

ある春の日、千里山(ちさとやま)の山菜を採って、町で売る事にしました。山菜を採りながらふと地面を見ると、赤い天狗の鼻が落ちていました。天狗の鼻は大きく立派で、安やんが自分の顔に付けてみると、何とも不思議ないい匂いを感じとりました。

安やんがいい匂いに誘われて千里山の奥に入っていくと、きれいな花々が一面に咲き誇った原っぱに出ました。安やんは、良い匂いの花を一本だけ摘み取って、山菜と一緒に風呂敷に包んで町へ売りに出かけました。

ところで、この町には「火ともし長者」という大金持ちの油商人がいました。この長者の一人娘が長い間病気で寝込んでいて、言葉も言えない程に弱っていました。ところが、安やんが持っていた花の香りを嗅ぐと、娘は「良い匂いだわぁ」と言いました。

喜んだ火ともし長者は、いそいで安やんを家に招き入れて、花を売ってくれと言いました。安やんは「この花は売り物じゃないので、娘さんに差し上げます」と言って、花を差し出しました。安やんのお花のおかげで、長者の娘はすっかり元気になりました。

その晩、安やんは長者の家でご馳走になり、夜更けになって家路につきました。すると、いつの間にか顔に付けていた天狗の鼻が無くなっていました。安やんは「きっと用が済んだので、天狗さんが自分の鼻を取り返しにきたんだなあ」と思いました。

(紅子 2013-11-9 1:08)


ナレーション市原悦子
出典二反長半(平凡社刊)より
出典詳細空を飛んだ楼門(名作文庫05),二反長半,平凡社,1978年04月20日,原題「天狗の花」
場所について千里山(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/11/9 1:08 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

53 人のユーザが現在オンラインです。 (32 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)