このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0366
たけのこせんにん
タケノコ仙人

放送回:0229-A  放送日:1980年03月22日(昭和55年03月22日)
演出:高橋信也  文芸:三沢もとこ  美術:大山哲史  作画:前田実
要調査 / 岩手県 ) 9242hit
あらすじ

むかしあるところにタケノコを掘って暮らしている男がいた。
ある日、山で立派なタケノコがたくさん取れた。
山をおりようとすると不思議な老人に出会い、家に招かれご馳走になる。

家に帰ると女房が「半月も家を空けてどこにいっていた?」と怒っている。
わけが分からずタケノコを売りにいくとみんな腐っていて、半月の時間がたってしまっていた。

(投稿者: えびなます 投稿日時 2012-3-12 20:52)


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
出典詳細岩手の民話(深沢紅子,未来社)かもしれない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
5.5000 5.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/3/12 22:34 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)