このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0361
とりたちのはなみ
鳥たちの花見

放送回:0226-A  放送日:1980年03月01日(昭和55年03月01日)
演出:藤原万秀  文芸:沖島勲  美術:久保陽彦  作画:藤原万秀
新潟県 ) 8422hit
あらすじ

昔、ある山で桜が満開になった。

そこへトンビとスズメとハトとカラスがやってきて、みんなで花見をすることになった。トンビは魚を取り、スズメは町へ酒を買いに、ハトは料理をし、カラスは風呂敷や椀を借りに行くこととなった。

トンビ・スズメ・ハトがそれぞれの仕事を終えてくたくたになっている頃、ようやくカラスが戻ってきた。

カラスは花見の酒盛りの前に、余興で楽しもうと提案した。まずはトンビが笛を吹いた。それにあわせてスズメが三味線を弾いた。ハトはトンビ・スズメの演奏に合わせて、豆絞りの手拭いをほおっかむりして踊りだした。

ふと気が付くとカラスの姿はなく、料理も酒もすべてなくなっていた。カラスが全部一人で食べてしまったのである。トンビ・スズメ・ハトは悔しがったがもう遅かった。

トンビがカラスを見るといじめるようになったのは、この時からだということである。

(投稿者: カケス 投稿日時 2013-9-15 14:48 )


ナレーション常田富士男
出典水澤謙一(未来社刊)より
出典詳細越後の民話 第一集(日本の民話03),水澤謙一,未来社,1957年10月10日,原題「鳶と雀と鳩と烏」,採録地「東頚城郡松之山村湯元」,話者「柳長松」
場所について新潟県十日町市松之山湯本(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
6.0000 6.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/15 15:47 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

13 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)