このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0360
もぐらとうまとにんげん
もぐらと馬と人間

放送回:0225-A  放送日:1980年02月23日(昭和55年02月23日)
演出:殿河内勝  文芸:沖島勲  美術:小関俊之  作画:殿河内勝
山梨県 ) 8127hit
あらすじ

昔々、国じゅうがものすごい飢饉で食べ物が無くて困っていた頃がありました。

ある日、馬と人間が腹が減ったと嘆いていると、そこへモグラがやって来て「神さまの蔵から食べ物を盗み出そう」と、ずるい相談を持ちかけました。

人間は「オラにはそんな悪い事はできない」と断ったので、馬とモグラの二人が神さまの蔵へ忍んで行きました。まずモグラが蔵から食べ物を盗み出し、それを馬の背中に乗せて、急いで逃げ帰って来ました。二人は遠くまで逃げのびてから、腹いっぱい食べました。

しかし神さまの物を盗んだわけですから、さっそく神さまにバレました。三人は神さまの所へ呼び出され、お裁きを受ける事になりました。神さまは「人間は悪い事はしてないから、明るい太陽の下で穀物を作って暮らしなさい」と、親切にもその作り方まで教えてくれました。

次に「馬は、良いも悪いも誘われれば何でも言う事を聞いてしまうバカな奴だから、一生のあいだ人間に使われて荷を運べ」と言いました。モグラには「お前が一番悪い奴だから、明るいシャバには置いとけない。土の中にもぐって暮らせ」と言い渡しました。

それ以来、この三人は神さまの言われた通りに暮らしています。

(紅子 2012-11-11 23:21)


ナレーション市原悦子
出典土橋里木(未来社刊)より
出典詳細甲斐の民話(日本の民話17),土橋里木,未来社,1959年03月31日,原題「もぐらと馬と人間」,採録地「南巨摩郡早川町奈良田」,話者「深沢正志」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.6667 7.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/11/11 23:21 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

40 人のユーザが現在オンラインです。 (34 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)