このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0343
さんにんのなまけもの
三人のなまけもの

放送回:0215-B  放送日:1979年12月15日(昭和54年12月15日)
演出:藤原万秀  文芸:沖島勲  美術:亀崎経史  作画:藤原万秀
福島県 ) 11662hit
3人の怠け者は楽がしたいと神様にお願いしたが逆に懲らしめられた。

昔、あるところに大工と反物屋と木びきとがおった。みんな、ものすごい怠け者ばかりだった。

大工は「金づちを使わねぇで家が作れたらいいじゃろうな。板や柱がのりみたいにくっついたらさぞ楽だろうな。」と思っていた。この大工には何度も手を叩く癖があった。

反物屋は「反物が引っ張るだけ伸びればいいなぁ。」と楽な金もうけを考えていた。この反物屋には頻繁に鼻を引っ張る癖があった。

木びきは「もっと簡単に木が切れる方法がねぇもんかな。」と考えていた。この木びきには手で脚をポンポン叩く癖があった。

ある日、3人で昼寝をしていると大工がいいことを思いついた。「そうじゃ。神様にお願いしてみっぺ。」反物屋も木びきも賛成し、もっと楽ができるようにその場に寝たままお祈りを始めた。すると、どこからともなく霧が現れ、神様が出てきて巻物を置いていった。3人は大喜び。それぞれ、手を叩いたり、鼻を引っ張ったり、手で足を叩いたりした。ところが、大工の手は合わさったまま剥がれなくなり、反物屋の鼻は伸びたまま戻らなくなり、木びきの脚は叩いた拍子にポキンと折れてしまった。

3人はさんざん泣いたりわめいたりしたのだが、これは神様がこの怠け者たちをこらしめようとなさったことなので、もうどうすることもできんのじゃった。それにしてもあの巻物には一体何が書かれていたのだろうか。

(投稿者: もげお 投稿日時 2012-3-20 19:50)


ナレーション常田富士男
出典片平幸三(未来社刊)より
出典詳細福島の民話 第一集(日本の民話13),片平幸三,未来社,1958年10月31日,原題「三人の怠けもの」,採録地「石城郡」
場所について福島県石城郡※現在のいわき市(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.0000 8.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/3/20 21:42 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)