このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0318
しっぺいたろう
しっぺいたろう
高ヒット
放送回:0199-A  放送日:1979年08月25日(昭和54年08月25日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:小関俊之  作画:須田裕美子
静岡県 ) 35451hit
あらすじ

昔、ある村にお民という女の子が住んでいた。お民は両親と早くに死に別れたが、猟犬のしっぺい太郎という頼もしい連れがいた。

しっぺい太郎の牙は鋭く、熊をも一撃で仕留め、またその足は素晴らしく、空中に飛び上がったかと思えば、もう空を飛ぶ小鳥を口にくわえていた。

ところが、この話を聞いた欲深い長者は、どうしてもしっぺい太郎が欲しくなった。長者は、お民の両親が自分に借金を残して死んだことを口実に、3日間だけしっぺい太郎を貸してくれと言う。長者にこう言われては断る訳にもいかず、お民は泣く泣くしっぺい太郎を屋敷に置いて帰った。

しかし、長者は3日経ってもしっぺい太郎を返してくれない。お民は仕方なく1人で山へ猟に出た。ところが、お民は山で野犬に襲われそうになってしまう。窮地に陥ったお民がしっぺい太郎の名を叫ぶと、長者の屋敷からしっぺい太郎が飛び出し、お民を助けにやって来た。

こうしてお民は事なきを得たが、長者はしっぺい太郎が勝手に屋敷から飛び出たことに腹を立て、お民を村から追い出してしまった。村を追われたお民としっぺい太郎は、海辺の村にやって来た。ところがこの海辺の村では、村を津波から守るため、毎年人身御供を捧げていた。そして村にもう娘がいないので、村人はお民を人身御供として祠に閉じ込めてしまったのだ。

村人が去ると、しっぺい太郎はお民の代わりに自分が祠の中に入った。やがて雷鳴が轟き、風が激しくなると、海の方から巨大な化け物が祠に迫って来る。しっぺい太郎は、化け物が祠に近づくと、ここぞとばかり祠を飛び出し、化け物の喉笛に噛みついた。

すると化け物の影は消え失せ、そこにはしっぺい太郎に追われる古狸の姿があった。そう、化け物の正体はこの古狸だったのだ。そして古狸を退治したしっぺい太郎は、いつの間にか人間の若者になっていた。神様がしっぺい太郎を人間に変えて下さったのだ。こうして人間になったしっぺい太郎は、以後、大好きなお民と末永く暮らしたそうだ。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-10-7 18:41)


ナレーション常田富士男
出典那須田稔(鎌倉書房刊)より
出典詳細父母が語る日本の民話(下巻),大川悦生,鎌倉書房,1978年4月20日,原題「しっぺいたろう」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.1000 8.10 (投票数 10) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/10/7 18:41 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)