このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0317
やなぎのはのさかな
柳の葉の魚

放送回:0198-B  放送日:1979年08月18日(昭和54年08月18日)
演出:馬郡美保子  文芸:漉田實  美術:馬郡美保子  作画:馬郡美保子
北海道 ) 13293hit
あらすじ

むかし、天上の雲の上に立派な館があり、そこには雷の神さまの兄妹が住んでおられた。ある日、兄が留守の間、妹の女神は雲の上から下界を見渡していた。すると、ちょうど雲の切れ間から下にアイヌの里が見えので、女神は下に降りてアイヌの里に遊びに行くことにした。

ところが里に降りると、里はひっそりと静まり返っており、人々には元気がなかった。そこで女神は酋長に訳を聞いてみた。酋長が言うには、今年はどう言う訳か神さま方が獲物を降ろしてくださらないので、海にも山にも獲物がおらず、ワシらはひもじい思いをしているということだった。里の窮状を知った女神は急いで天に戻った。

さて、雲の上の館には兄神が大事に育てている一本の柳の木があったが、女神はこの柳の木の葉を一枚一枚摘み取ると、それに息を吹きかけて籠の中に入れた。そして、女神はふくろうの神を呼ぶと、籠の中の柳の葉を里の川に流してくるように頼んだ。ところが、ふくろうの神は慌てて飛んでいったので、籠の中の柳の葉はそこら中に散らばってしまった。

女神は仕方なく、柳の葉を拾い集め、自分で里の川に流した。すると、女神の息の入った柳の葉は銀色の小さな魚に変り、川の中を泳ぎだした。この小さな魚のおかげで、里の人々はひとまず飢えをしのぐことが出来た。そして、この魚は柳の葉から出来たので、以後、柳葉魚(シシャモ)と呼ばれるようになった。

ところが、館に帰ってきて、柳の葉が取られていることに気づいた兄神の怒りは大変なものだった。兄神の怒りで、空には雷鳴がとどろき、稲妻が走った。女神はアイヌの里の窮状を必死にうったえ、柳の葉は自分が面倒をみて元に戻すと約束して兄神の怒りをなだめた。

ようやく怒りのおさまった兄神は女神に言った。「見ろ。おまえが海の神とも川の神とも相談しないで川に流すから、シシャモがどっちに泳いでいったらよいかわからず、右往左往してるじゃないか。ワシはこれから海の神に相談しに行く。」

それからしばらくすると、アイヌの里には海の幸、山の幸があふれるようになり、人々の喜ぶ声が聞こえた。兄神から里の窮状を聞いた天上の神々が、たくさん獲物を下ろしてくださったのだ。シシャモは海の神と川の神の両方で面倒をみることになったので、それからというもの、毎年秋になると海から川に登ってくるようになったということだ。

そして、この川は日高の鵡川(むかわ)だと言われている。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2011-8-13 9:33 )


ナレーション常田富士男
出典安藤美紀夫(角川書店刊)より
出典詳細北海道の伝説(日本の伝説17),安藤美紀夫,角川書店,1977年4年10日,原題「柳の葉の魚」
場所について鵡川(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
5.6000 5.60 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/13 21:33 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

36 人のユーザが現在オンラインです。 (28 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)