このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0309
やまのばばさのさとがえり
山のばばさの里がえり

放送回:0193-A  放送日:1979年07月07日(昭和54年07月07日)
演出:殿河内勝  文芸:沖島勲  美術:亀崎経史  作画:殿河内勝
要調査 / 青森県 ) 14817hit
あらすじ

日本のむかし話3(松谷みよ子,1973年11月20日)に、同タイトル名のお話があり「このお話かもしれない」ということであらすじを書いてみます。

昔、青森の山奥に、蚕を飼って暮らすおせんという可愛らしい娘がいました。

夏の初め頃、おせんは山の桑畑に桑の葉を採りに出かけましたが、行方不明になりました。おせんの母親も村人たちも必死に探しましたが結局見つからず、「神隠し」と言われました。

かれこれ五~六十年の月日がながれたある年の事、恐ろしいほどの嵐の日がありました。戸締りをしっかりしていたおせんの家に、世にも恐ろしい形相をした婆さまがすうっと入ってきました。

この婆さまは昔に行方不明になったおせんでした。おせんは、山のモノ(山男か山おじか)の所へ嫁入りし、長い年月を山で暮らしていたが、ようやく里帰りをしても良いと許可が出たので顔を見に来た、と説明しました。

そこでおせんの家の者は、精一杯のご馳走をして山の婆さま(おせん)をもてなしました。山の婆さまは山での暮らしが長かったので、里のご馳走はどれも塩辛く感じ、口に合わないようでした。

山の婆さまは二日ほど泊まって、また来るからと言い残し、山へ帰っていきました。

それから何年かは、嵐の日になると必ず山の婆さまが訪ねてきました。それを知った村人たちは、「嵐の日になると怖い山の婆さまがきっと来るぞ」と言って、しっかり戸を閉めて外へ出る者はなかったそうです。

(紅子 2014/4/12 22:37)


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
出典詳細日本のむかし話3(松谷みよ子のむかしむかし03),松谷みよ子,講談社,1973年11月20日,原題「山のばさまの里がえり」,場所「青森県」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
6.2000 6.20 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/4/12 22:37 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

42 人のユーザが現在オンラインです。 (35 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)