このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0030
うしわかまる
牛若丸
高ヒット
放送回:0015-B  放送日:1976年01月17日(昭和51年01月17日)
演出:児玉喬夫  文芸:沖島勲  美術:稲場富恵  作画:高橋信也
京都府 ) 89121hit
あらすじ

源氏の総大将源義朝は平氏の手によって討たれ、その妻常盤は今若、乙若、牛若の三人の子どもとともに捕まり、平清盛の前に連れ出された。清盛は子ども達の首をはねるように命じるが、常盤の懸命の願いにより、寺に預けることで子ども達の命は助けて貰えることとなった。やがて牛若は七歳になり、約束どおり寺に預けられ、鞍馬山の中にある寺で僧侶としての厳しい修行生活が始まった。

ある時、牛若丸が一人で勉強していると、見かけぬ坊主が牛若の名を呼ぶ。その者は鎌田正近と名乗り、牛若が源義朝の子であることを明かし、源氏再興を目指すようにと言う。それから牛若は鞍馬山でカラス天狗を相手に剣の修行を始める。剣の腕は見る間に上達し、牛若は十五の時に鞍馬山の寺から姿を消す。

その頃、京都では弁慶という乱暴者が道行く侍から刀を奪っては千本集めているという噂が広まっていた。そして今夜がその千本目になるという日、五条の大橋を笛を吹いて歩いてくるのは、あの牛若丸だった。弁慶が腰に差した刀を見て、これこそ千本目の刀に相応しいと言い、牛若に勝負を挑む。牛若は弁慶の振るう長刀をひらりひらりと交わし、扇を額に投げつけると弁慶はひっくり返ってしまった。弁慶は降参し、牛若丸の家来として仕えることになった。

牛若丸はやがて源九郎義経と名乗り、兄頼朝と共に兵を挙げ、平家を討ち滅ぼすことに成功したのである。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 14:29 )


ナレーション市原&常田
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第5集(DVD第21巻)
場所について鞍馬山
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第10巻-第046話(発刊日:1976年12月10日)/童音社BOX絵本_第14巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/二見書房まんが日本昔ばなし第15巻-第57話(発刊日:2006年9月19日)/講談社デラックス版まんが日本昔ばなし第39巻(絵本発刊日:1985年10月15日)/講談社テレビ名作えほん第004巻(発刊日:1977年8月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「京都地方の昔ばなし」
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「京都府の昔ばなし」
講談社のデラックス版絵本より源義朝(よしとも)の第九番目の子供、源義経(よしつね)の少年時代のお話。牛若丸とは、義経の幼名です。母とわかれ、坊さんになるために鞍馬山にあずけられた牛若丸は、自分が源氏の血をひく身であることを知り、剣の修行にはげみました。京の五条の橋の上での、弁慶との出会いの話はあまりにも有名です。小さな体で大きな弁慶をやっつける場面に、熱い拍手を送った人も多いことでしょう。牛若丸が少年時代を過ごした鞍馬山は、京都の北部にありますが、いまなおうっそうたる木々におおわれ、いかにも天狗が出てきそうな森閑とした場所です。(京都地方の昔ばなし)
講談社の300より書籍には地名の明記はない
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「京都地方の昔ばなし」
5.6667 5.67 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 14:29 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)