このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0283
たにしのおんがえし
タニシの恩がえし

放送回:0176-B  放送日:1979年03月10日(昭和54年03月10日)
演出:高橋信也  文芸:沖島勲  美術:大山哲史  作画:高橋信也
京都府 ) 15583hit
あらすじ

昔々、山間の村に五作という働き者の若者がおった。五作は額に大きなこぶがあるのが悩みだった。

ある日、野良仕事をしていた田んぼで一匹のタニシが話しかけてきた。タニシがいうには、大雨で上から流されてきたが自分には足がないので登る事も出来ず、兄弟とも離れ離れで寂しい。自分を上の田んぼに放り投げてくれないか、と頼むので五作はそうしてやった。

それから後もタニシを見つけるたびに仕事中でも上の田んぼに放り投げてやっていた。

そうして3年ほどたったある夜のこと、たくさんのタニシが五作の家に訪ねて来て、日頃のお礼をしたいから何か願い事がないかと聞く。五作は額のこぶが小さな頃からの悩みだがこれは言っても仕方がないことだから、と答えた。

すると一匹のタニシが顔に登ってきてこぶの周りをくるくるまわり、五作が何のまじないかと不思議がっている間に消えてしまった。

翌朝、五作が起きてみると額のこぶが無くなっていて、五作は涙が出るほど喜んだ。その話を聞いた村人達もタニシを見つけたら上の田んぼへ放り投げるようになったそうな。

(投稿者: ひかる 投稿日時 2013-9-9 9:40 )


ナレーション市原悦子
出典山下良枝(鎌倉書房刊)より
出典詳細父母が語る日本の民話(下巻),大川悦生,鎌倉書房,1978年4月20日,原題「タニシの恩がえし」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.4000 8.40 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/9 23:01 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

50 人のユーザが現在オンラインです。 (44 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)