このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0262
さといもととうふのけんか
里芋と豆腐のけんか

放送回:0164-A  放送日:1978年12月16日(昭和53年12月16日)
演出:青木久利  文芸:沖島勲  美術:木場正彦  作画:青木久利
富山県 ) 12025hit
里芋が豆腐が大ゲンカするも、醤油樽の鶴の一声で収束

昔、ある村の大きなお屋敷の台所での話です。とっぷりと夜も更け、台所の野菜たちもみんな静かに眠っていました。

やがて壁の穴からネズミが出てきて、ザルの中の里芋を一つ蹴っ飛ばしました。すると下にあった豆腐にぶつかり、里芋とケンカになってしまいました。あまりのうるささに大根やらゴボウやらも起きてきて、ますます騒がしくなってしまいました。

とうとう、台所の奥にいた醤油樽(たる)も目を覚ましました。「やかましいなあ」と言いながら、醤油樽がゴロンゴロンと大きな音を立てて転がるので、野菜たちは「お前の方がうるさい!あっちへ行け」と口を揃えて抗議しました。

それに怒った醤油樽が、「じゃあオラは明日は働かない!明日の煮物の味が悪くなってもオラ知らんぞ!」と言って元の場所へ帰って行きました。これはシマッタ、と思った野菜たちは、慌てて元の場所に戻って行きました。

こうして野菜たちの騒ぎは静かになって、夜はしんしんと更けていきました。

(紅子 2011-11-22 1:15)


ナレーション市原悦子
出典石崎直義(未来社刊)より
出典詳細越中の民話 第一集(日本の民話35),伊藤曙覧、石崎直義、佐伯安一,未来社,1963年09月20日,原題「里芋と豆腐のけんかに醤油」,採録地「富山市」,話者「大窪マスミ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.0000 8.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/22 1:15 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

39 人のユーザが現在オンラインです。 (30 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)