このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0249
ねずみじょうど
ネズミ浄土
高ヒット
放送回:0155-A  放送日:1978年10月14日(昭和53年10月14日)
演出:漉田實  文芸:漉田實  美術:馬郡美保子(田中静恵)  作画:山田みちしろ
岩手県 ) 23080hit
つまり、おむすびころりんです

昔、ある所にじい様とばあ様がおった。焚き木取りに山へ出かけたじい様が、弁当のきゃんば餅を食べようと包みを開くと、沢山の子ネズミ達がにおいにつられて集まって来た。優しいじい様は、子ネズミ達に小さくちぎったきゃんば餅を一つ一つ手渡してあげた。

喜んだ子ネズミ達は、じい様を担ぎあげて土の穴の中にあるネズミの家に連れて行った。そこには親ネズミが待っていて、きゃんば餅のお礼にと、たくさんのねずみ餅をじい様に渡した。夜になって家に帰ったじい様は、今日の出来事をばあ様に話しながらねずみ餅の入った包みを開くと、なんと餅は小判に変わっていた。

それを見ていた隣の婆さんは、さっそく爺さんに大量のきゃんば餅を持たせて、翌日山へ行かせた。隣の爺さんはきゃんば餅を大きいまま放り投げたので、子ネズミ達は餅に潰されて大騒ぎだった。それでも子ネズミ達は、隣の爺さんを担いで土の中のネズミの家に連れて行った。

ネズミの家についた隣の爺さんは、ネズミを脅して餅を全部奪ってしまおうと考え、猫の鳴き真似をした。すると驚いたネズミ達は、明かりを消して一斉に逃げ出し、残された隣の爺さんは暗い土の中から出られなくなった。

(紅子 2011-12-1 2:14)


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
備考キャンバモチ(きゃばもち=小麦粉を練ったものをカシワの葉で包みいろりで焼いたもの)岩手県二戸市の郷土料理、という事で岩手に分類した
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第29巻-第141話(発刊日:1979年4月28日)/童音社BOX絵本_第79巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/国際情報社BOX絵本パート1-第030巻(発刊日:1980年かも)/講談社テレビ名作えほん第034巻(発刊日:1980年12月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(童音社編集部)には、地名の明記はない
講談社の300より書籍には地名の明記はない
餅付き踊りの歌ねこっこにゃんたら どやすべな かっからとん かっからとん
8.0000 8.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/1 2:14 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)