このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0245
あかいわんぶちのやつめ
赤岩ん淵の八つ目

放送回:0153-A  放送日:1978年09月30日(昭和53年09月30日)
演出:漉田實  文芸:漉田實  美術:馬郡美保子  作画:上口照人
写真あり / 熊本県 ) 12473hit
あらすじ

白川(しらかわ)の流れる弓削(ゆげ)のあたりに、暗く恐ろしげな赤岩ん淵(赤岩の淵)があった。この辺りでは毎年、弓削の子供たちが河童にしりを抜かれて溺れ死んでいたので、村人たちはおちおちしていられなかった。

ある日、岩の上で寝ている河童を見つけた村人たちは、日頃の悪さをこらしめるため捕まえた。その河童は、淵の底にいる「八つ目の化け物」を退治してくれたら、これからは子供たちの尻を抜かない、と誓った。

そこで村人たちは、力自慢の若者たちを集め、淵に船を出した。一人の若者が水の中に飛び込んで探してみると、確かに淵の底に怪しい八つ目の化け物がいた。若者たち数人で、八つ目の化け物に縄をかけ船へ引っ張り上げると、なんとそれは千歯(千歯こき、農機具)だった。

水から引き揚げた千歯を見た河童たちは、恐ろしがって立田山(龍田山)の方へ逃げて行った。翌年から、弓削のあたりではおぼれ死ぬ子供は一人もいなくなった。

(紅子 2011-10-15 1:32)


ナレーション常田富士男
出典熊本のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細熊本のむかし話(各県のむかし話),熊本県小学校教育研究会国語部会,日本標準,1973年12月20日,原題「赤岩んぶちの八つ目」
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について弓削(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.0000 9.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/10/15 1:32 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

55 人のユーザが現在オンラインです。 (45 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)