このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0243
よしばあさんとかげぜん
吉ばあさんとかげぜん

放送回:0152-A  放送日:1978年09月23日(昭和53年09月23日)
演出:小林三男  文芸:沖島勲  美術:横瀬直士  作画:加藤政志
京都府 ) 18907hit
あらすじ

昔ある村に、吉(よし)ばあさんというお婆さんがいました。吉ばあさんは、ほそぼそと茶摘みなどの手伝いをして暮らしていました。

一人息子の嘉吉(かきち)は遠い町に働きに出ているので、吉ばあさんは一人暮らしでした。離れて暮らす息子の無事を祈りながら、吉ばあさんは毎日毎日、小さな木の前に陰膳(かげぜん、お供え物)を置きました。

不思議な事に吉婆さんが置いた陰膳は、いつの間にか無くなっているのでした。

ある日の事、吉ばあさんが急に倒れて寝込んでしまいました。それでも息子のために陰膳を置きに山へ入りましたが、とうとう木の前でばったりと倒れてしまいました。

真夜中になりふと目を覚ますと、吉ばあさんはちゃんと自分の家で寝ていて、そばには嘉吉がいました。嘉吉は看病のために三日三晩、家にかよって吉ばあさんを手厚く看病しました。おかげで、吉ばあさんはすっかり元気になりました。

それを知った村人たちは、「なんと親孝行な息子だろう」と感心しましたが、嘉吉は一体どうやって遠い道のりを毎晩通ってこられたのか、不思議に思いました。

ただ、朝早く吉ばあさんの家から一匹のタヌキが出てきて、カサコソと竹やぶの中に入って行くのは誰も知りませんでした。

(紅子 2011-12-21 19:01)


ナレーション常田富士男
出典京都のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細京都のむかし話(京都のむかし話研究会,日本標準,1975年03月20日)採録地は山城とのこと。
備考陰膳(かげぜん)、家族が無事にあるようにと供える食べ物。
場所について山城エリア(地図は適当、書籍に記載あった簡略地図から想像)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.2000 9.20 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/12/25 14:06 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)