このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0234
おにがわらったはなし
鬼が笑った話

放送回:0146-A  放送日:1978年08月12日(昭和53年08月12日)
演出:川尻善昭  文芸:沖島勲  美術:川尻善昭  作画:川尻善昭
熊本県 ) 15320hit
来年の事を言えば鬼が笑う、の元ネタ

昔、熊本の益城(ましき)に福田寺(ふくでんじ)というお寺がありました。ここの和尚さんはとても知恵者だったので、あちこちのお坊さんたちが教えを受けに集まってきました。

ある時、一匹の鬼がやってきて「わしゃ鬼ばってん、弟子にしてください」と頼みました。心の広い和尚さんは、他のお坊さんたちと一緒に弟子にしてやることにしました。

鬼は顔は恐ろしいものの、大変な働き者でした。しかし寝る時のいびきがすごいので、和尚さんは寺の近くに鬼専用の小屋を作ることを提案しました。鬼は大きな岩を積み上げて「岩屋」を作って、そこで一人で寝ることにしました。

さて、この頃、近くの上徳(じょうとく)という所にお堂を建てる事になりました。この時の鬼の働きは素晴らしく、思ったよりも早く仕事が進みました。喜んだ和尚さんは、みんなに「そばきりだんご汁」を振舞いました。

みんなは大喜びでだんご汁を食べ始めましたが、鬼があっという間に全部食べてしまい、みんなはほとんど食べられませんでした。

鬼はそれからも一生懸命働いたので、立派なお堂が完成しました。そしてまた、みんなでそばきりだんご汁を食べる事になりました。

和尚さんは「また鬼に全部食べられてしまう」と心配して、だんご汁の中に孟宗竹(もうそうだけ)を切って入れました。竹は汁の中で浮かぶので、おかわりが早い鬼が真っ先に竹を食べるだろうと考えたからです。

しかし、竹を噛んだ鬼の歯は、全部欠けてしまいました。鬼は「歯が痛い、だんご汁も食べられなくなった」と、オイオイと泣き続けました。それを見た和尚さんは「大丈夫、来年になったら良い歯が生えるから」と慰めました。

それを聞いた鬼は「それはよかった、来年になったら歯が生える!」と喜んで、にっこり笑いました。「来年の事を言うと鬼が笑う」という言葉は、この時から始まったそうです。

(紅子 2013-9-13 19:28)


参考URL(1)
http://www.town.mashiki.lg.jp/map/pub/detail.aspx?c_id=49&id=79&pg=4
ナレーション市原悦子
出典クレジット不明
出典詳細アニメはタイトル無しで出典不明ですが、『熊本のむかし話』によると舞台は益城の福田寺(ふくでんじ)との事。
場所について益城の福田寺(今は寺跡のみ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
5.4000 5.40 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/13 19:28 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)