このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0229
きつねのみちおくり
キツネの道送り

放送回:0142-B  放送日:1978年07月08日(昭和53年07月08日)
演出:矢沢則夫  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:矢沢則夫
熊本県 ) 15220hit
あらすじ

昔、熊本県山鹿市小坂(おさか)というところには、お仙じょ(おせんじょ)と呼ばれる岩切り場がありました。このお仙じょは寂しい場所で、人を騙すというキツネが住みついていました。

ある時、坂村に住む米(よね)さんが、夜の帰り道にお仙じょを通りかかると、どこからか人の足音が聞こえてきました。米さんはゾッとして、無我夢中で走って家に帰りましたが、お土産にもらったご馳走を狐に取られてしまいました。

またある時、お婆さんが町でたくさんの買い物をした帰り道、夜にお仙じょを通って帰っていました。するとまた、パタパタと人の足音が聞こえてきました。威勢のいいお婆さんでしたので、「キツネめ!わしゃ取られんぞ」と威嚇しましたが、結局は買ってきた食材を全部取られてしまいました。

怒った村人たちは「毒まんじゅうを作って狐に食べさせよう」と相談しました。しかし、この話を知った定助(さだすけ)さんは「それではあまりにも可哀そうだ」と反対しましたが、村人たちは聞き入れませんでした。

翌朝、定助さんはキツネの事が心配になり、キツネの巣穴を覗いてみると、母親ぎつねが二匹の子ぎつねを抱いたまま死んでいました。悲しんだ定助さんは、それからは村人たちとは一切口を聞かなくなり、石切り場へ毎日通うようになりました。

それからしばらくして、岩場には立派な地蔵さまが刻まれていました。これは定助さんが掘ったものに違いないのですが、定助さんはどこへ行ったのか、その姿はどこにも見当たりませんでした。この地蔵さまは今も残っているそうです。

(紅子 2012-10-25 21:47)


ナレーション市原悦子
出典熊本のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細熊本のむかし話(各県のむかし話),熊本県小学校教育研究会国語部会,日本標準,1973年12月20日,原題「きつねの道送り」
場所について山鹿市小坂の金掘(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
6.6667 6.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/10/25 21:47 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

32 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)