このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0221
たこやくし
蛸薬師

放送回:0137-A  放送日:1978年06月03日(昭和53年06月03日)
演出:辻伸一  文芸:沖島勲  美術:内田好之  作画:辻伸一
写真あり / 京都府 ) 15020hit
タコをお経の巻物に変えた、お薬師様の話

京都の永福寺に、善光(ぜんこう)という若いお坊さんと年老いた母親が住んでいました。

ある時、母親が大変重い病気になり、それを案じた善光は母親が食べたいという「タコ」を買いに行くことにしました。しかし、仏に使える身である善光は、生き物の殺生は禁じられていましたので、困ってしまいました。

母親の命には代えられない、とやっと決心した善光は、タコを買いに魚屋に行きました。魚屋は、坊さんの姿では買いにくいだろうと、嫌がる善光を女装させてタコを持たせました。善意とはいえ、女装したお坊さんは逆に目立ってしまい、善光はお寺まで必死に走りました。

なんとかお寺までたどり着くと、近所の口やかましい和尚さんが立ち話していました。案の定、この和尚さんに生臭い臭いを感づかれ、無理やり桶のふたを開けられてしまいました。しかし、中からはタコではなくありがたいお経の巻物が出てきました。

善光自身にも一体どうした事かわかりませんでしたが、薬師如来様のしてくれた事と思い感謝しました。おかげで善光は母親にタコを食べさせることができ、病気もすっかり良くなりました。この薬師様はタコ薬師様と呼ばれ、今での多くの信心を集めています。

(紅子 2011-12-25 2:09)


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
VHS情報VHS-BOX第6集(VHS第54巻)
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について永福寺(蛸薬師堂永福寺)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第25巻-第122話(発刊日:1978年10月30日)/国際情報社BOX絵本パート1-第054巻(発刊日:1980年かも)/講談社テレビ名作えほん第032巻(発刊日:1980年11月)
サラ文庫の絵本よりこのおはなしのように、ありがたい仏さまや、偉いお坊さんの奇跡を伝え、社寺の由来を説明することを「縁起ばなし」といいます。日本には、こうした縁起ばなしが全国各地にたくさんのこっていますが、なかでも弘法大師にまつわるものが、数の多い事で知られています。ところで、この物語の主人公がお祈りする薬師如来は、人びとを苦しみや病気から救ってくださる仏さまとして、古くから深く信仰されてきました。薬師如来の像が、かならずといっていいほど、手に薬壺をもっているのもそのためでしょう。なお、妙心寺は、京都市花園にあるお寺で、延元二年(一三三七年)に、花園上皇が離宮を禅寺にしたものといわれ、名園・名庭のあるお寺としても知られています。(かっこ枠なし)
講談社の300より書籍によると「京都府のお話」
8.0000 8.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/25 2:09 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

53 人のユーザが現在オンラインです。 (31 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)