このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0200
なんじゃもんじゃのき
なんじゃもんじゃの木

放送回:0124-A  放送日:1978年03月04日(昭和53年03月04日)
演出:漉田實  文芸:漉田實  美術:馬郡美保子  作画:高橋信也
東京都 ) 15408hit
あらすじ

昔、ある村の畑の中に、ぴょこんと1本、見たこともないような木が生えていました。

クワの木でもなく、ケヤキの木でもない、花を咲かせるわけでもなく、葉が散るわけでもない。何の役にも立たないし何のへんてつもない木でしたが、村人たちは愛着を持って「なんじゃもんじゃの木」と呼んでいました。

ところが、村には乱暴者でへそ曲がりな親子がいました。ある時、「なんの役にも立たない木なんか、へし折ってやる」と、息子がなんじゃもんじゃの木の枝に取り付きました。すると翌日、息子の体に一文銭のような丸いブツブツができ、高い熱がでて寝込んでしまいました。

村人たちは「きっとバチがあたったんだろう」と噂し、この一件から「なんじゃもんじゃの木さま」と言って、まるで神様のように木を崇めるようになりました。

こうなってくると、父親はますます面白くありませんでした。父親は斧を持ち出し、なんじゃもんじゃの木を切り倒そうと、幹に斧を振り下ろしました。

翌朝、父親はなんじゃもんじゃの木の下に倒れていました。父親の体には丸いブツブツができ、息子と同じように高熱がでて、寝込んでしまいました。親子は、あちこちの医者にかかりましたがなかなか回復せず、おかげですっかり財産を使い果たしてしまいました。

このことから、村人たちは「むやみに木を傷つけたりしたら、なんじゃもんじゃ様のバチがあたる」として、これまで以上に木を大切に扱うようになりました。

その後も、なんじゃもんじゃの木は「木の神様」として大事にされたそうです。

(紅子 2013-8-28 0:47)


ナレーション市原悦子
出典東京のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細東京のむかし話(各県のむかし話),東京むかし話の会,日本標準,1975年09月25日,原題「なんじゃもんじゃの木」,再話「石橋シヅ子、横笛太郎」
備考木は保谷の桑畑の中にあるとの事。
場所について保谷(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.0000 7.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/8/28 0:47 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)