このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0199
けちんぼろくさん
けちんぼ六さん
高ヒット
放送回:0123-A  放送日:1978年02月25日(昭和53年02月25日)
演出:藤本四郎  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:菊田武勝
東京都 ) 25121hit
あらすじ

東京の石神井川(しゃくじいがわ)に、今も下頭橋(げとうばし)という橋が架かっています。昔、この橋は江戸と川越を結ぶただ一つの木の橋として、とても人通りの多い橋でした。

この橋の周囲には大勢の乞食がたむろしていましたが、町の人々も乞食たちも仲良くおだやかに暮らしていました。この中に「六さん」という古株の年寄り乞食がいましたが、朝から晩までせっせと物乞いし、全く無駄遣いをしなかったので「けちんぼ六さん」と呼ばれていました。

ある日、六さんは一人ひっそりと死んでしまいました。乞食仲間や町の人々が、六さんをねんごろに葬ってあげて住んでいた小屋を片づけていると、床下から小銭のたくさん入った壺が出てきました。実は六さんは、若い頃に洪水で家族を流されたつらい過去があるので、この橋を石の橋に架け替えようとしていたのです。

町の人々もこの意志を継ぎ、みんなで寄付をして、この橋を立派な石の橋に架け替えました。そして、道行く人にいつも頭を下げていた六さんにちなんで「下頭橋」と名づけました。

(紅子 2011-10-25 1:03)


ナレーション市原悦子
出典東京のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細東京のむかし話(各県のむかし話),東京むかし話の会,日本標準,1975年09月25日,原題「けちんぼ六さん」,再話「千川あゆ子、来栖良夫」
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について下頭橋(げとうばし)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.3750 8.38 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/10/25 1:03 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)