このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0198
ひともしやま
火ともし山
高ヒット
放送回:0122-B  放送日:1978年02月18日(昭和53年02月18日)
演出:漉田實  文芸:漉田實  美術:馬郡美保子  作画:上口照人
写真あり / 長野県 ) 58960hit
あらすじ

昔、諏訪湖の東の村に「おなみ」という娘がいた。おなみには、夫婦になろうと言い交わした若者がいた。ところが、ある日若者はやんごとなき理由で今住んでいる村から湖の向こう側に移り住まなくてはいけなくなった。

おなみは若者と会えなくなる事をとても悲しんだが、若者は毎晩湖のほとりの山で火をともすとおなみに約束した。その火を見て、心を通わせようと思ったからだ。若者は、移り住んだその日から夜になると山で火をともすようになった。

若者に恋焦がれていたおなみは、我慢できなくなって火を目印に若者の元に走りだした。おなみは酒の入った竹の筒を持って、湖のほとりを全力疾走する。やがて若者の元にたどり着いた頃には、中の酒から湯気が出て、熱燗のようになっていた。若者に早く会いたいと言う思いのせいで胸が焦がれるようになり、それで酒が温まるのだと言う。

ある日、おなみはもっと早く若者の元に行きたいと思うようになった。湖をぐるりと回るのは時間がかかる。そこでおなみは湖を泳いで渡ることにした。冬の寒い中だったが、おなみは若者の火を頼りに湖を泳いで渡った。湖から上がったおなみの手には魚が握られていた。

いつもより早く来たおなみに若者は驚いた。さらに、おなみがびしょぬれであること、取れたての魚を差し出したことに若者は驚いた。この寒い中、おなみが湖を泳いできたと言うことが若者には信じられなかったし、もし本当にそうならこれは正気の沙汰ではないと思った。

次の日、若者は火をともした後に湖をじっと見ていた。すると、おなみは一直線に湖を泳いできていた。その様子を見た若者は背筋に冷たいものが走り、おなみのことが怖くなった。

次の日、おなみは湖のほとりで若者が火をともすのを待っていたが、いつもの時間になっても火はともされなかった。少しでも早く若者に会いたいと思っていたおなみは、雪がちらつく中、湖へと入っていった。湖の真ん中からでも、いったん火がともされれば、それを目指せばいいと思ったからだ。

しかしその晩、山に火がともされることは無かった。そしてその晩以来、おなみの姿を見た者もいなかった。 しばらくして、若者が熱病で死んだと言う話が、風の便りでおなみの村に伝わってきた。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション常田富士男
出典大川悦生(角川書店刊)より
出典詳細信州の伝説(日本の伝説03),大川悦生,角川書店,1976年2年10日,原題「火ともし山」
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について火燈山(岡谷市湊三丁目周辺)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第27巻-第131話(発刊日:1978年12月20日)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「長野県の昔ばなし」
7.6667 7.67 (投票数 9) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)