このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0196
すなこだのかっぱ
砂子多の河童

放送回:0121-A  放送日:1978年02月11日(昭和53年02月11日)
演出:藤本四郎  文芸:沖島勲  美術:内田好之  作画:森田浩光
写真あり / 山口県 ) 15104hit
あらすじ

むかしむかし、日本中のあちこちに河童が住んでおった頃、山口の勝山の沼にもやっぱり河童が住んでおった。勝山の河童は、畑は荒すわ、家畜に悪戯はするわ、村人に相撲を挑んでは持ち物を巻き上げるわ、ろくな事をしておらんかった。

そんなある日のこと、勝山の勝谷に住む五作爺さんが、牛を洗うために砂子多川を訪れた。するとあの河童が牛の尻尾を杭に縛りつけ悪戯をしたそうな。爺さんは驚いて暴れる牛をなんとかなだめ、その後、岸に上がって酒を飲んで一休みした。

それを見ていた河童は酒に興味津津。爺さんの目を盗んで瓢箪の中の酒をごくんごくんと飲んだ。この様子を窺っていた爺さん、すばやく河童に近付き、頭の皿の水を掻き出して河童を縛りあげてしもうた。

爺さんは、捕えた河童を杭に縛りつけて懲らしめることにした。その日一日、カンカン照りの日差しの中、河童は悪態をついて騒いでおったが、日が暮れる頃にはぐったりしてしもうたそうな。

五作爺さんの孫娘のお小夜は河童が可哀そうになって、河童の縄を解いてやるよう爺さんに頼むのじゃった。爺さんは何事か考えておったが、その日の夜遅く、河童の縄を切ってやった。そうして、河童にもう二度と人間に悪さはしないという証拠を見せることと、田んぼの草取りを手伝うことを言いつけた。

翌日、河童は頭の皿に水を入れてもろうて、歌を歌いながら器用に田んぼの草取りをした。そうして夕方になると、爺さんは河童を砂子多川に連れて行った。すると河童は「川の中で一番大きな石を砂子多川のたもとに置き、その石が砂粒になるまで、もう二度と河童一族はこの土地の人間に悪さをしません。」と言うて沼へ帰って行ったそうな。

それからしばらくして、河童が約束した通り、砂子田川の橋のたもとには大きな石が置いてあった。それから何年も何年も経って、今ではあんまり河童の話をする者もおらんようになって、あの河童達がどこへ行ったものやら、それは誰にも分からんということじゃ。

(投稿者: ニャコディ 投稿日時 2013-5-18 21:01)


ナレーション常田富士男
出典山口のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細山口のむかし話(各県のむかし話),山口県小学校教育研究会国語部,日本標準,1973年09月01日,原題「砂子多のかっぱ」,文「長井徳枝」
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所についてかっぱ石(河童が持ってきた石)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.3333 7.33 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/5/19 0:31 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (25 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)