このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0172
ねずみとじいさ
ねずみと爺さ

放送回:0107-A  放送日:1977年10月29日(昭和52年10月29日)
演出:小林三男  文芸:沖島勲  美術:下道一範  作画:猿山二郎
新潟県 ) 8550hit
同郷の爺さんとネズミの感動物語

昔、奈良の大仏様にお参りに来てお金を使い果たし、家に帰れない人が沢山いました。その中に岩手南部からきた爺さんと、同じく南部からトンビにさらわれてやって来たネズミのチュー太が出会いました。

里に帰りたい同郷の二人は相談して「爺さんはチュー太を運んで、チュー太は宿代を稼ぐ」という計画で、二人は一緒に南部に帰ることにしました。悪い事とは思いながら、夜になるとチュー太は泊まった宿の客の財布から少しだけお金を抜き取りました。

あと二~三日で南部に到着するという日の事でした。チュー太が客の荷をあさっていた時に、不運にも立て掛けてあった刀が倒れてきました。刃の下敷きになって瀕死の状態で戻ってきたチュー太を見た爺さんは、その夜のうちに南部に向かって走り出しました。

やっと南部にたどり着き、チュー太の母親にすでに冷たくなったチュー太を渡しました。母親はチュー太を抱きしめ、爺さんに何度もお礼を言いました。そして、欲しい物が何でも出てくるという宝物の赤い襦袢(じゅばん)をお礼にくれました。爺さんはチュー太の死を悲しみながら、南部の自分の里へと帰って行きました。

(紅子 2011-11-22 0:56)


ナレーション常田富士男
出典水澤謙一(未来社刊)より
出典詳細越後の民話 第一集(日本の民話03),水澤謙一,未来社,1957年10月10日,原題「鼠と爺さ」,採録地「岩船郡朝日村字釜杭」,話者「阿部操」
場所について岩手の南部(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.1667 7.17 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/22 0:56 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)