このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0157
やまんばのよめさん
山んばの嫁さん
高ヒット
放送回:0097-A  放送日:1977年08月20日(昭和52年08月20日)
演出:小林三男  文芸:沖島勲  美術:仔羊館  作画:石黒篤
福井県 ) 50935hit
乳は切れても木は切れない

ある男の家に、急に山姥がやってきて嫁にしてくれと言う。男は断るのが怖くて山姥を嫁にしてしまう。

山姥の嫁さんは意外にも働き者なのだが、その日から男の家の米の減る量が異様に多くなる。 不思議に思った男が、昼間畑に行くふりをして家の中の様子を伺っていると、山姥の嫁さんが大量の米を炊いていた。そして、頭ほどの大きさもある大きなおにぎりを いくつも作っると、それらを全部たいらげてしまった。

その様子を見て怖くなった男は、夜、家に帰ってから山姥の嫁に里に帰ってくれという。 山姥は、意外にもその申し出をあっさり受け入れたのだが、里に帰る前に甑(こしき)を一つ買ってくれという。 男が山姥に甑を買いあたえてやると、山姥は甑の中に男を入れ山に向かって走り出した。

男は、山姥の隙を見て甑から抜け出す事に成功。 そうとは知らず、山姥は里まで帰る。そして里に帰ると子ども達を呼び、みんなで男を食べようとする。しかし、こしきの中は空っぽ。男が逃げたことに気がついた山姥は、怒りながらもと来た道を戻る。男は山姥が戻ってきたのであわてて木の上へ逃げた。

それを見た山姥はおもむろに乳を取り出し、それを木の幹にぶつけ始めた。山姥の乳の力はものすごく、木全体を揺らしながら幹をえぐっていく。男は必死で「乳は切れても、木は切れない。乳は切れても、木は切れない」と何度も念仏のように唱えると、山姥の乳がバアァンとちぎれて吹っ飛んだ。 山姥は「痛いよー」と泣き叫びながら山へと帰っていった。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典杉原丈夫(未来社刊)より
出典詳細越前の民話 第一集(日本の民話44),杉原丈夫、石崎直義,未来社,1968年04月30日,原題「やまんばの嫁さん」,採録地「遠敷郡」,話者「松尾利一」,採集「永江秀雄」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.5455 8.55 (投票数 11) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

45 人のユーザが現在オンラインです。 (41 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)