このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1473
にじのよめ
虹の嫁
高ヒット
放送回:特別番組  放送日:1995年04月01日(平成07年04月01日)
演出:吉良敬三、児玉喬夫、三善和彦  文芸:(脚本)上尾久志、三島響子  美術:古宮陽子、西村邦子、阿部幸次  作画:吉良敬三、柏木郷子、遊佐和重、大島りえ
新潟県 ) 24478hit
あらすじ

昔ある所に、「やたみ」という杣師(そまし、木こり)の若者がいました。

ある日の事、空にきれいな虹がかかっているのを見つけ、虹をよく見ようと湖まで歩いて行きました。すると、空から七色の羽衣をまとった美しい天女が舞い降りてきました。やたみは一目で天女に恋をし、どうか自分の嫁になってくれるよう天女にお願いしました。

しかし天上界にすむ娘が、地上の男と結婚することはできない定めでした。どうしても諦めきれないやたみに、天女は「いつか地上の人に生まれ変わる事があるので、その時は私の目の下の青いホクロを目印にして探してください」と言い残し、天界に帰って行きました。

それからのやたみは、ホクロの娘を探すために山を下り、あちこちの町や村で娘の姿を探しました。なかなか娘は見つからず15年の年月が経ち、やたみは杉山長者の所で山仕事をして働くようになりました。

ある時、顔が真っ黒の娘「ななえ」が、山仕事の手伝いとしてやたみの元へ配属されました。やたみは親切にななえの面倒を見てあげ、一緒に山仕事をするようになりました。

やがて仲良くなったななえから、自分の顔が真っ黒になった理由を聞きました。継母が自分の本当の娘を長者の嫁にするために、継子だったななえの顔にスミを塗り込んだ、との事でした。それを聞いたやたみは可哀そうに思い、丁寧にななえの顔を拭いてあげました。

すると、ななえの顔は雪のように真っ白い肌に戻り、さらに今まで見えてなかった目の下に、青いホクロがある事に気が付きました。やたみは、16年前に出会った天女の生まれ変わりがななえだった事を知り、ななえもその時の事を思い出し、二人はひしっと抱き合いました。

(紅子 2012-7-17 19:16)


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
出典詳細タイトル部に明記はないが、里の語りべ聞き書き 第11巻,川内彩友美,三丘社,1992年06月10日,原題「虹の嫁」、が出典元と思う。
備考里のかたりべ・むかしばなし(テレビスペシャル)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.3913 9.39 (投票数 23) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/7/17 19:16 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)