このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1455
ちえくらべ
ちえくらべ

放送回:0937-B  放送日:1994年06月11日(平成06年06月11日)
演出:武藤裕治  文芸:沖島勲  美術:安藤ひろみ  作画:武藤裕治
熊本県 ) 12314hit
あらすじ

昔、熊本の八代の麓(ふもと)に、彦市というトンチ男といたずら好きのメスの銀ぎつねがいました。

銀ぎつねは、どうにか彦市を困らせてやろうとあれこれいたずらをするのですが、逆に彦市に騙されてひどい目にあっていました。

ある時、銀ぎつねが彦市にいたずらしようと、たくさんの梅の実をぶつけました。ところが彦市は「梅に当たるとは、うまい事に当たるって意味で、めでたいめでたい」と、お礼の鮎(あゆ)まで置いて帰っていきました。

人間に梅をぶつければ鮎をもらえる、と思った銀ぎつねは、通りかかった侍に梅の実をぶつけて怒らせてしまい、いたい目にあいました。

ある日の事、球磨川(くまがわ)で鮎釣りをしている彦市に、見かけない侍が話しかけてきました。彦市は「銀ぎつねが化けた侍」とわかっていたので、「これはこれは水泳の先生!この間約束した通り素晴らしい川泳ぎを披露してください」と、言い出しました。

銀ぎつねが化けた侍は、彦市に促されるまま、沢山の石を背負って球磨川へ入っていきました。しかし、川底の石に足を取られそのまま深みにはまって溺れ、あやうく死にかけました。

銀ぎつねは「彦市にはかなわない」と、少しだけおとなしくなりました。でも、それからも彦市と銀ぎつねの騙し合いは続いたそうです。

(紅子 2013-10-18 23:11)


ナレーション市原悦子
出典熊本のむかし話(日本標準刊)より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
5.0000 5.00 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/18 23:11 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (19 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)