このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1454
しゅのばん
しゅのばん
高ヒット
放送回:0936-B  放送日:1994年06月04日(平成06年06月04日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲(シナリオ大久保新)  美術:門屋達郎  作画:若林常夫
福島県 ) 22561hit
あらすじ

昔ある所に、なんとなく生きている男がいました。なんとなく生まれてなんとなく育って、なんとなく大工になってなんとなく嫁をもらって、なんとなく毎日を仕事して暮らしていました。

男は毎晩、客がいなくなる頃になると飲み屋に行って、なんとなく女将を口説きやんわりと断られる日々を過ごしていました。ある晩、男はいつものように飲み屋を訪れるも、女将は返事もしないし振り向きもしませんでした。

何かただ事ではない気配を感じた男に「お前さんが一晩中飲み明かしたい相手って、この私かい?」と、真っ赤な顔をした化け物が振り返りました。その顔は、角と牙をはやし大きな目はぎろりとむいて、なんとも恐ろしい赤鬼の顔でした。男ははじかれたように飛び上がり、店から悲鳴を上げて逃げ出しました。

息をきらせてもう一軒のなじみの飲み屋に駆け込むと、そこにもさっきの恐ろしい顔した赤鬼の化け物がいました。「しゅのばーん!」赤鬼が金切り声で叫ぶと、あまりの恐ろしさに男は腰を抜かして地面を這って逃げ出しました。

やっとこさ自宅に帰りつくと、そこにはいつもの優しい顔をした女房が待っていました。女房もしゅのばんになってしまったかと疑いましたが、女房だけはいつもの女房でした。次の日から、男はぷっつりと飲み屋通いをやめ、女房のために働こうと、大工仕事に精を出すようになりました。

(紅子 2012-4-21 22:12)


ナレーション常田富士男
出典福島の昔話(三丘社刊)より
出典詳細里の語りべ聞き書き 第15巻,川内彩友美,三丘社,1993年08月15日,原題「会津の首番」
場所について諏訪神社(しゅのばんがよく出たという神社)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報二見書房[怪談シリーズ]第4巻_ひゃ~、化け物だ(発刊日:1995年7月25日)
7.0000 7.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/4/21 22:12 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

42 人のユーザが現在オンラインです。 (39 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)