このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1449
ゆざむらいとあんま
湯侍とあんま

放送回:0931-B  放送日:1994年04月30日(平成06年04月30日)
演出:玉川真人  文芸:沖島勲  美術:千葉秀雄  作画:大森幸夫
山形県 ) 15880hit
遅出しジャンケンで勝ち続けた男が、でっかい手でデコピンされる話

昔、山形県上山(かみのやま)に、赤倉又右衛門(あかくらまたえもん)という温泉の取り締まりをしている湯侍がいました。又右衛門は、仕事が終わった真夜中に一人でゆっくり温泉に浸かるのを日課にしていました。

ある晩から、見かけない老人が温泉に入ってくるようになりました。老人は按摩師(アンマ)だと言うのですが、真夜中に一人で温泉に来るので、何とも不審な気がしてきました。そこで老人の正体を見極めようと、しっぺ弾き(デコピン)遊びをして試してみることにしました。

又右衛門は遅出しジャンケンで全勝し、老人のおでこが腫れあがるほど強く弾きましたが、老人は痛がるばかりでおかしな挙動はありません。又右衛門は「気のせいだったか」と思いながら帰路につきましたが、背後から大きな手のひらが追いかけてきました。

必死で逃げた又右衛門でしたが、追い付かれた手のひらに思いっきり弾き飛ばされてしまいました。そして目の前には、あの老人が笑顔で座っていて「私は湯の神じゃ。お前さんを労おうとしたのだが、ズルはいけませんよ」と、たしなめました。

それからの又右衛門は、まじめに湯の見回りを続けたそうです。

(紅子 2011-12-31 2:04)


ナレーション市原悦子
出典山形県
場所について山形県上山(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.0000 8.00 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/31 2:04 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (25 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)