このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1441
さけかいじぞう
酒買地蔵

放送回:0923-B  放送日:1994年02月26日(平成06年02月26日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲  美術:田中静恵  作画:若林常夫
滋賀県 ) 16601hit
あらすじ

昔、とある小さな村に小さな酒屋があった。この村は、この年は台風のせいで不作であり、酒飲みの村人たちはみんな愚痴をこぼしながら酒を飲んでいた。その酒飲みたちの中に、いつも笑いながら飲んでいる不気味な男がいた。

ある時、夜も深まった頃に酒屋に真っ赤な緋(ひ)の衣を着たお坊さんが酒を買いにやってきた。よく笑うお坊さんは「酒は、知恵がわく般若湯(はんにゃとう)よ」と言う。女主人はお坊さんが持ってきた浄教寺(じょうきょうじ)の台帳を信じて、酒を売ってあげた。

酒屋には相変わらず日が暮れると、酒飲みの村人たちが集まってくる。夜も深まった頃、また緋の衣を着たお坊さんがやってきた。そこで、女主人は「酒が知恵の湧く般若湯だと言うのなら、困ってる村人を救ってやってくれないか」と頼んでみた。お坊さんは笑いながら承知すると、酒を飲み般若心経を唱え出した。

するとどうしたことか、不気味に笑っていた男が苦しみだして、ついに異形の姿を現して酒屋から逃げ出していった。お坊さんは「あれは酒鬼(さかおに)と言って、あれがとり憑くとみんな酒に溺れるようになる。もう去っていったので大丈夫だ」と言うと酒を買って帰っていった。

その年の大晦日。酒屋の女主人が酒代を貰いに浄教寺を尋ねると、住職は「わしは酒は飲まないのだが、確かにこれはお寺の台帳だ」と言う。住職はまさか…とお寺の上にある地蔵堂へ向かうと、そこには緋の衣をきたお地蔵さんが立っていた。住職は、「お酒を供えるので、もうふらふら出歩かないで座っていてください」と言うと、お地蔵さんは座って半跏(はんか)の姿になった。

それから、このお地蔵さんに「お神酒」ならぬ「般若湯」としてお酒を供えるようになり、酒鬼が居なくなった村は、うまくいくようになりみんな幸せに暮らしました。

(投稿者: もみじ 投稿日時 2012-6-18 14:21 )

※般若湯:仏教の隠語で酒のこと
※台帳で買う:つけによる後払い。店側が大晦日に借金回収にいく。


ナレーション市原悦子
出典滋賀県大津市
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.2500 8.25 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/6/18 17:23 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

32 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)