このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1410
みちしるべのまつ
道しるべの松

放送回:0896-B  放送日:1993年07月17日(平成05年07月17日)
演出:玉川真人  文芸:沖島勲(シナリオ平柳益実)  美術:板倉佐賀子  作画:中村裕之
青森県 ) 10332hit
あらすじ

昔、青森県の西津軽に小さな村があった。津軽の冬は厳しいもので、日本海から吹き付ける西風は遮るものが無く、物凄い唸り声をあげながら激しい吹雪が村を吹き抜けた。

その村に住む茂平は、ある日どうしても隣の港町に行かねばならない用事があって、出かけることになった。道は海から吹きさらしになっているものだから、激しい吹雪が容赦なく襲った。

港町へ向かう途中、道が二手に分かれていて一方は山へと続いていた。茂平が分かれ道に着いた時、強いつむじ風が吹き、茂平は風にまかれて方向を失ってしまった。茂平はとりあえず、一方の道を進むことにしたが、歩き疲れて一歩も動けなくなった。

その時、視線の先に一軒の家が見えたので、力を振り絞り家に向かうと、家から出てきたのはなんと自分の妻だった。吹雪で方向がわからなくなった茂平は、いつの間にか自分の来た道を戻っていたのだった。

茂平は自分の経験と、吹雪で命を落とした人たちのことを思い、海沿いの道に道しるべとなる松の木を植えることを決めた。茂平は自分の山から小さな松を掘り出しては、道に松を植え続けた。ところが、春から夏にかけて青々と育った松は、秋から冬になると激しい西風で全て枯れてしまった。

茂平は諦めず松の木を植え続けたが、その度に枯れてしまった。すると茂平は、自分の田畑を売って遠くの町の海岸で育った丈夫な松の苗を買って植えるのだった。

ある年のこと、やっと一本の松が立派に育った。しかし、その年の冬は何年に一度の厳しい冬で、茂平は松の木のことが心配になり、激しい吹雪の中、松の木へと向かった。松の木の所に着くと、茂平は吹雪から守るべく木にしがみついた。

夜になると吹雪は益々激しくなり、意識が遠のきそうになった。その時、茂平の視線の先に白い影が沢山現れ、茂平と松の木を守るように取り囲んだ。

茂平は白い影のおかげか、吹雪の中でも死なずに済んだ。茂平は白い影の正体が吹雪で命を落とした人々の亡霊だと思った。この時の松は、その後すくすくと育ち人々はどんな吹雪の日も道を失うことがなくなった。

人々はこの松を『道しるべの松』と呼び、それはやがて沿道の美しい松並木に育ったそうだ。

(投稿者: Kotono Rena 投稿日時 2014/11/16 21:50) 


ナレーション市原悦子
出典青森の伝説(日本標準刊)より
場所について青森県つがる市 (地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 11) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/11/17 8:24 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

49 人のユーザが現在オンラインです。 (40 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)