このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0141
まあだまだわからん
まあだまだわからん

放送回:0087-A  放送日:1977年06月04日(昭和52年06月04日)
演出:藤本四郎  文芸:沖島勲  美術:田中静恵  作画:吉村昌輝
山口県 ) 18695hit
物事は最後までわからない、という教訓話

ある所に、たいへん仲良しのお爺さんと孫の男の子がいました。二人は早く春が来て畑に蕎麦を植えて、美味しいそばがきを食べたいと思っていました。

その年の春はカンカン照りで、二人は心配しながらも畑を耕して蕎麦の種をまきました。男の子は無事に種まきが済んだので「もうこれでそばがきが食べられるね!」と喜びましたが、お爺さんは「いいや芽が出るまではまだまだわからん」と言って喜びません。

それから、蕎麦からは芽が出て花が咲き実がなり、無事に収穫することができました。やっと念願のそばがきを作ってお椀によそい、さぁ食べようとした時に男の子が「今度こそそばがきが食べられるよね!」と言いました。でも、お爺さんは「いいや、口に入るまではまだまだわからん」と笑い返しました。

お爺さんがそばがきの茶碗を手にした時、近くにいた猫に手を出されてしまい、囲炉裏(いろり)の灰の中にお爺さんのそばがきが落ちてしまいました。物事は最後まで”まだまだわからん”という事ですね。

(紅子 2011-11-30 4:08)


ナレーション常田富士男
出典松岡利夫(未来社刊)より
出典詳細周防・長門の民話 第一集(日本の民話29),松岡利夫,未来社,1960年09月14日,原題「まぁだまだわからん」,採録地「熊毛郡」,話者「後藤柳助、斎藤長三、井川シズ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.2000 8.20 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/30 4:08 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

48 人のユーザが現在オンラインです。 (32 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)