このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1406
じぞうさまとおに
地蔵さまと鬼

放送回:0894-A  放送日:1993年07月03日(平成05年07月03日)
演出:フクハラ・ヒロカズ  文芸:沖島勲  美術:古宮陽子  作画:フクハラ・ヒロカズ
宮城県 ) 14744hit
あらすじ

あるとき、亡者の家族3人が三途の川の渡し場にやって来ましたが、三途の川付近で暇をもてあましていた鬼たちに、「荷物を全部置いていけ!」とおどされました。家族達は必死に抵抗しますが、鬼の力にはかないません。鬼たちは、荷物を奪うと荷物の中にいたネコを遠くへ投げ飛ばしてしまいました。

ネコは地獄にいた地蔵さんのところに飛んでいきました。地蔵さんは、「地獄の鬼をなんとかしなければ。」と思い、御仏様におだんごをおそなえすることにしました。地蔵さんは早速ダンゴをこしらえ、御仏様のところに向かいますが、途中で転んでしまい、そのダンゴは鬼達のところへ…鬼達は地蔵さんをつかまえ、鶏のカゴの中に押し込んでしまいました。

しばらくして鬼達は、1個のダンゴを賭けて、坊主抜きをはじめますが、なかなか勝負がつきません。 それもそのはず。先ほど投げ飛ばされたネコが、「坊主」の札を抜き取っていたからです。坊主抜きがなかなか終わらないため、鬼達は「一番鳥がなく前に決着つけないとまずい。」とうっかり自分達の弱点を話してしまいました。鳥のカゴの中にいた地蔵さんはその話を聞き、鶏のまねをして鬼達を追い払ってしまいました。

そして、奪われた金品は亡者の家族に返され、ダンゴはもう御仏様におそなえすることもないため、地蔵さんとネコで食べることになりました。

そんなことがあってから、お地蔵さんにはダンゴをお供えするという習慣がついたということです。

(投稿者: Loki  投稿日時 2012-9-11 8:18)


ナレーション常田富士男
出典宮城県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
6.5000 6.50 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/9/11 8:45 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

50 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)