このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1402
ねずみのよめ
ねずみの嫁

放送回:0891-A  放送日:1993年06月12日(平成05年06月12日)
演出:前田こうせい  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:前田こうせい
ある所 ) 13355hit
世界一の良い嫁は身近にいるもんです

世界一の良か嫁ごを探して旅するネズミの男がいた。旅の途中、腹がへって倒れているところに、やさしいネズミの娘さんに出会った。

ネズミの娘さんは「皆を温かく包み込む太陽が一番偉い」と言うので、男は太陽を嫁さんにしようと決めた。ところが、男は人に頭を下げるのが苦手なので、代わりに娘さんにたのんで、太陽さんのところに行ってもらい、嫁になってもらえるようお願いした。

しかし、ネズミの娘さんが太陽にお願いに行くと、「月さんの方が偉いよ」と言われた。
月さんにお願いに行くと、「雲さんの方が偉いよ」と言われる。
雲さんにお願いに行くと、「風さんの方が偉いよ」と言われる。
風さんにお願いに行くと、「風も通さない壁に穴をあけるネズミの方が偉いよ」と言われる。

その事をネズミの男に伝えると、「じゃあお前を嫁にすることに決めた」と言ったが、娘はそれを断った。

娘は男のことが嫌いな訳ではなかったが、男の身勝手さゆえに求婚を断ったのだった。

求婚を断られた男は娘の家を去り、失意に打ちひしがれて道をトボトボと歩いていた。するとこれを見て可哀想に思った雷様が、見かねて男に雷を落とした。ネズミの娘はびっくりして家から出て、男のそばに駆け寄り男を看病した。

その後、心を入れ替えて身勝手さを直した男はこの娘と結ばれた。ネズミの男は、ようやく世界一の良か嫁をもらう事ができたのだった。

(紅子 2011-6-14 18:25


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
VHS情報VHS-BOX第3集(VHS第30巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.0000 7.00 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/6/14 18:25 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)