このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1396
ばけものさわぎ
ばけものさわぎ

放送回:0887-A  放送日:1993年05月08日(平成05年05月08日)
演出:森川信英  文芸:沖島勲  美術:古宮陽子  作画:森川信英
愛知県 ) 16584hit
あらすじ

昔、尾張の国の山あいに小さな村がありました。

ある日、田兵衛が近くの沼にクワを洗いに行くと、水面にあやしく不気味な影が映りました。おどろいて逃げ出した田兵衛からこの話を聞いた村人3人が、正体を確かめるためにさっそく沼に行ってみました。

おっかなびっくり沼に到着した3人の目の前に、バサバサッと得体のしれないものが現れて頭上を飛び回りました。悲鳴をあげて逃げ出した3人からこの話を聞いた村人たちは、不安におののきみんなで相談ました。

村人たちは、武芸の達人である坂左衛門に化け物退治を依頼する事にしました。その晩、恐る恐る沼で待ち伏せしていた坂左衛門は、どうにか化け物を弓で射止める事ができました。村人たちは、さすが日本一の達人だ!と感謝して、化け物の正体を確かめるために沼に行きました。

するとそこには、羽のちぎれて飛ぶことができないアオサギが、胸に一本の矢を受けて死んでいました。飛べずに助けを求めていたアオサギを、村人たちは化け物と勘違いしたのです。可哀そうに思った村人たちは、アオサギを手厚く葬りました。

(紅子 2012-4-23 3:13)


ナレーション市原悦子
出典愛知県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報二見書房[怪談シリーズ]第4巻_ひゃ~、化け物だ(発刊日:1995年7月25日)
6.5000 6.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/4/23 3:13 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)