このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1395
うしとあそんだこぎつね
牛と遊んだ子狐

放送回:0886-B  放送日:1993年05月01日(平成05年05月01日)
演出:大竹伸一  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:大竹伸一
鳥取県 ) 10984hit
牛と遊ばせてくれたお礼に、鴨を捕まえてきた子ぎつねの話

昔、鳥取の海田に、貧乏な伍作(ごさく)という男が住んでいました。働き者の伍作は、山に畑を作ろうと牛のアカと一緒に一生懸命働きました。荒れ地を切り開くには、人間一人の力ではどうにもならないので、伍作はアカの力を頼りにしていました。

ある春の事、今日も山の畑で仕事をしていると、どこからか子ギツネがやってきてアカと一緒に遊び始めました。アカも子ギツネが気に入った様子だったので、伍作はそのまま二匹を遊ばせておくことにしました。本当はアカに手伝ってもらいたかったのですが、まぁ仕方ないかと思いつつ、「大事なアカを貸してあげるんだから、今度カモでも持ってこいや」と、何の気なしに子ぎつねに声をかけました。

その夜、疲れですっかり寝込んでいた伍作の家に、子ぎつねがやってきました。疲れて眠たい伍作は子ぎつねを追い返しましたが、朝になって家の外をみると、太ったカモが一羽置いてありました。子ぎつねが伍作の言葉を真に受けて、カモを捕えて持ってきてくれたのです。

伍作は、無下に追い返したのはちょっと可哀そうだったなぁ、と呟き、また今度遊びに来たらアカと遊ばさせてあげようと思いました。でもその後は子ぎつねはやって来ず、ちょっと寂しいと思いながらも、伍作とアカは畑作りに精を出しました。

(紅子 2012-1-3 20:57)


ナレーション市原悦子
出典鳥取県
場所について鳥取の海田の麓(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.7778 9.78 (投票数 9) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/3 20:57 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)