このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1383
きぼりのにわとり
木ぼりのニワトリ

放送回:0878-B  放送日:1993年02月20日(平成05年02月20日)
演出:あがわさち  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:坂本英明
岐阜県 ) 9424hit
あらすじ

炭焼きの五平のカミさんが病気で寝込んでしまったので、精のつくものを食べさせたいと思った五平は炭を抱えて町へ商いに出かけました。

しかし炭はちっとも売れず、五平がしょんぼりしていると、橋の下で焚火をしている坊さんが声をかけてきて炭をどんどん火にくべろというので、買ってもらえると思った五平はありったけの炭をくべました。しかし坊さんは一文無しというではありませんか。

五平は怒りましたが火のついた炭を取り返すわけにもいかずガックリしていると、坊さんはお礼にと、そばにあった木切れを拾って小刀であっという間にニワトリを彫ってよこしました。

トボトボと家に帰る途中、腹が立ちが収まらない五平がもらったニワトリを投げ捨てると、不思議な事に木彫は動きだして本物になりました。

五平が持って帰ってきたニワトリはたまごを産んだので、それを食べて滋養のついたカミさんはすぐに元気になりました。ニワトリはそれからも毎日ふたつづつ卵を産んでくれたそうです。

(投稿者: ひかる 投稿日時 2012-1-30 14:02 )


ナレーション市原悦子
出典岐阜のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細岐阜のむかし話(各県のむかし話),岐阜児童文学研究会,日本標準,1978年09月30日,原題「木ぼりのニワトリ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/30 16:09 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)