このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1379
だぼもの
だほ者

放送回:0876-A  放送日:1993年02月06日(平成05年02月06日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:田中静恵  作画:栗原玲子
新潟県 ) 10680hit
あらすじ

昔、越後のある村に、だほ者(怠け者)の作治という男が母親と一緒に暮らしていました。

作治は、働くどころか体を動かすことも面倒くさがり、飯を食うのも母親に口まで運んでもらう有様でした。ある時、母親から「たまには畑の草取りでも行って来い」と言われ、弁当を持たされて家から押し出されました。

作治はしぶしぶ畑に向かって歩いていると、腹が減ってきました。しかし、弁当を取り出して自分で食べるのが面倒でした。歩いている途中に誰かに出会ったら、弁当包みを開けてもらって食べさせてもらおうと考えながら、トボトボ歩き続けました。

すると、大口を開けて歩いてくる若者と出会いました。この若者も大変なものぐさ者で、頭にかぶった笠のあごひもがほどけそうになったので、笠が落ちないように大口を開けたまま歩いていました。

作治は、弁当を食べさせてもらう事もできず、さらに歩き続けました。すると今度は、頭を下げたまま歩いてくる男に出会いました。男は、ももひきの腰ひもがゆるんだので、脱げないように口で紐をくわえたまま歩いていました。

作治は、結局誰からも弁当を食べさせてもらえず、お腹ペコペコのまま畑に到着しました。力なく畑の桑の木の下で寝転ぶと、おいしい桑の実が作治の口の中に落ちてきました。

作治は「体を動かしたので、うまいものが口に入った」と喜び、弁当も自分で食べました。それからの作治は働く喜びを覚え、もう誰も作治の事をだほ者と言わなくなりました。

(紅子 2013-10-27 10:07)


ナレーション市原悦子
出典新潟県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.8333 7.83 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/27 10:07 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)