このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1367
へびとなかだち
蛇の仲だち

放送回:0867-B  放送日:1992年11月21日(平成04年11月21日)
演出:辻伸一  文芸:沖島勲  美術:山崎弥生  作画:辻伸一
群馬県 ) 13082hit
あらすじ

昔、群馬の赤城山の近くの山の中に、東の家と西の家の2軒の百姓の家がありました。この2軒の者はひどく仲が悪く、いつも喧嘩ばかりして、お互いに困らせあっていました。

田んぼを耕す季節になった頃。東の者と西の者とで、田んぼの境界線を巡って言い争いが始まりました。少しでも自分の田んぼを広くしようと、畦(あぜ)の位置を東へ寄せたり西へ寄せたりしていましたが、ついには取っ組み合いの喧嘩になる始末でした。

翌朝、東の者がまだ暗いうちから起き出して、畦の位置を調整するため作業を始めました。すると、大ヘビが畦の上で寝ていたので、クワで蛇を放り投げました。

しばらくして、東の者がやってきました。すると、またまた大ヘビが邪魔な場所にいたので、クワで蛇を放り投げました。怒ったヘビは、二人の体に巻きつき、ギュウギュウと締め上げました。

大ヘビに締め上げられ、二人は身動きすらとれなくなりました。大ヘビは「困ったときはお互い助け合い、仲良く生きるように」と諭しました。これに懲りた二人は、その後からは喧嘩をすることもなく、仲良く過ごしたそうです。

(紅子 2013-8-18 22:24)


ナレーション常田富士男
出典酒井正保(未来社刊)より
出典詳細上州の民話 第二集(日本の民話64),酒井正保,未来社,1977年08月30日,原題「蛇に仲だちされた百姓」,採録地「勢多郡」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.0000 7.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/8/18 22:24 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)