このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1338
こをよぶふあどり
子を呼ぶフア鳥

放送回:0848-B  放送日:1992年06月20日(平成04年06月20日)
演出:前田真宏  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:前田真宏
沖縄県 ) 9725hit
子供を取られたカッコウの鳴き声の話

沖縄の石垣島では三月になると麦が実ります。毎年この時期に合わせて、遠いところからカッコウ鳥が渡ってきます。

ある年、カッコウは子供を連れてやってきましたが、飢饉(ききん)で麦はどこにも育っていませんでした。困り果てた母鳥は島中探し回り、ようやく小さな麦畑を見つけてパクパク食べ始めました。

すると、山の方から大きなカラスが一羽飛んで来て、自分が育てたカラスムギを勝手に食べている事に激怒しました。母鳥から子供を取りあげ、「来年の三月に返してやる」と言って無理やり連れ去っていきました。子供を無くした母鳥は、声を枯らして「フアークウー、フアークウー」と鳴き続けました。

翌年の三月、母鳥はカラスの言葉を信じて、子供を返してもらおうと麦畑にやってきました。子供を呼びながらカラスを待っていると、山からカラスの大群がやってきて、一斉にカラスムギを食べ始めました。母鳥はどれが子供を連れ去ったカラスが、見分けがつきません。子供を返して、と泣き崩れる母鳥を残し、カラスの群れは飛び去って行きました。

それからというもの、毎年この季節になるとカッコウは石垣島に渡ってきて、フア(子供を)クウー(返して)、と鳴くようになりました。それで、石垣島ではカッコウ鳥の事を「フア鳥」と呼ぶようになりました。

(紅子 2012-1-3 20:07)


ナレーション常田富士男
出典伊波南哲(未来社刊)より
出典詳細沖縄の民話(日本の民話11),伊波南哲,未来社,1958年08月15日,原題「かっこう鳥」,採集者「豊川苗」
場所について沖縄の石垣島(場所は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
3.8889 3.89 (投票数 27) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/3 20:07 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (19 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)