このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1335
はりまのめっかい
播磨のめっかい
高ヒット
放送回:0846-B  放送日:1992年06月06日(平成04年06月06日)
演出:白梅進  文芸:沖島勲  美術:白梅進  作画:白梅進
福島県 ) 24782hit
あらすじ

昔、福島のある村での話。

この辺りでは、家の屋根に白羽の矢が立つと、その家の娘を鎮守様に捧げなければならないという掟があった。この年は、村の長者の家に白羽の矢が立ち、七日以内に一人娘を人身御供に捧げることになった。

ちょうどその時、この村に昔から来ている富山の薬売りが、長者さんの家でこの話を聞いた。薬売りは、それは神様のやる所業ではない、何者なのか自分が正体を突き止めると言い、一人で山の上の鎮守様へと向かった。

薬売りが鎮守様で待つと、やがて夜になり、何者かがやって来る気配がする。縁の下に隠れて様子をうかがうと、何と四匹の大きな化け物が社の中に入って行くではないか。化け物たちは社の中で、「播磨の国のめっかいにこの事を知られたら、我らの命はないだろう。」と口ぐちに言う。

ここで薬売りは、播磨の国にめっかい犬と言う、たいそう強い犬がいるのを思い出した。薬売りは事の次第を長者さんに話し、早速播磨の国に飛脚を走らせ、めっかい犬を連れてきた。そして、めっかい犬を娘の代わりにお棺の中に入れると、村の衆はそれを鎮守様の社へと運んだ。

薬売りは刀と大きな鍵を持って、社の縁の下で化け物が現れるのを待つ。そして夜になり、化け物たちが社の中に入ると、社の扉に鍵を掛けて化け物たちが逃げられないようにした。そうとは知らない化け物たちは、生贄にされた娘を食らうべく、お棺を開ける。

中からはめっかい犬が飛出し、お棺を開けた化け物を一撃で倒した。残りの化け物はめっかい犬を見て社から逃げようとするが、扉には鍵がかかっており、外からは薬売りが扉の格子越しに刀を突き立てる。こうして、さしものの化け物もめっかい犬に一匹残らず退治された。

めっかい犬が倒した化け物は、この辺りの山に何百年も住む大ヒヒだった。そしてこれ以降、村の家に白羽の矢が立つことは無くなり、村人たちは安心して暮らせるようになったということだ。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-8-27 11:31)


ナレーション市原悦子
出典福島県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報二見書房[怪談シリーズ]第2巻_幽霊こわ~い(発刊日:1994年6月25日)
9.5217 9.52 (投票数 23) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/27 11:31 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)