このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1326
まこもがいけのおしどり
真菰が池のおしどり

放送回:0840-B  放送日:1992年04月25日(平成04年04月25日)
演出:あがわさち  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:上口照人
長野県 ) 14699hit
おしどりの情愛の深さに心を打たれた武士の話

昔、甲斐国の天目山(てんもくざん)の戦いから落ち延びた武田軍の武士桜井重久(さくらいしげひさ)は、敵地から逃れ信州富県(とみがた)の貝沼に住み付くと名前も貝沼重久と改め孤独な暮らしをしていた。

ある日退屈しのぎに狩りに出かけた重久は、近くの真菰が池(まこもがいけ)でおしどりの夫婦を見つけこれに弓矢を放った。矢は正確に雄おしどりの胴を射抜いたが、重久が手にしてみると不思議な事に雄おしどりの首が切れて無くなっており、雌おしどりの姿も消えていたのであった。

それから月日が経ち、再び武士の血が騒ぎ始めた重久が武術の鍛錬に励んでいた頃、どこからか悲しい歌声が聞こえるようになった。

「桜井の 名も恨めしき 貝沼の 真菰が池に残る面影」
「日暮れなば いざと誘いし 貝沼の 真菰が池に鴛鴦(おし)の独り寝 」

重久は不審に思い声のする方を見てみるも辺りに人の気配は無く、その後も何度か同じ声が聞こえてきたが、別段害も無いので重久は歌の意味も深く考えずに聞き流していた。

そして一年が過ぎ、一向に武勲を立てる機会が訪れず苛立つ重久は気晴らしに狩りに出かけ、真菰が池で雌のおしどりが一羽で泳いでいるのを見つける。その日獲物に恵まれなかった重久は、今度こそはとおしどりに狙いを定め弓矢を放つと見事これを射抜いた。

しかし、獲物を手に取り重久は驚いた。なんと死んだおしどりの片方の羽には、既に骨となった雄のおしどりの首がしっかりと抱かれていたのである。この時重久は、それがかつて自分が仕留め損ねた雌おしどりであり、あの悲しげな歌は雄おしどりを亡くした雌おしどりの恨みと嘆きの声であった事を理解した。

重久は、おしどりのような小さな水鳥でさえ互いの命を慈しみ合う事を知り、今まで命を奪う事を誉れとしてきた自分の生き方を深く恥じた。こうして重久は僧となり、何年か修行の旅に出かけた後再び貝沼に戻ると真菰が池の畔に草庵を結んだ。そうして村人達に、おしどりの話や命の尊さを語りながら一生を送ったという。

(投稿者: お伽切草 投稿日時 2013-7-2 19:19)

参考URL(0)
http://www.shinmaihanbai.co.jp/information/2007/05/post_10.html


参考URL(1)
http://www17.plala.or.jp/jincya/newpage_19.html
参考URL(2)
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=17892
ナレーション市原悦子
出典信州の伝説(角川書店刊)より
出典詳細信州の伝説(日本の伝説03),大川悦生,角川書店,1976年2年10日,原題「真菰が池のおしどり」
場所について真菰ヶ池(復元された小さな池と石碑のみ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.7500 8.75 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/7/2 21:20 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)