このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1322
くじらといのしし
クジラとイノシシ
高ヒット
放送回:0838-A  放送日:1992年04月11日(平成04年04月11日)
演出:三輪孝輝  文芸:沖島勲  美術:三輪孝輝  作画:三輪孝輝
鹿児島県 ) 30799hit
あらすじ

昔々の大昔、クジラは山に住んでおりました。クジラは腹が空けば、その巨体で獲物を追いまくり、山を崩し川をせき止め、大暴れに暴れていたので、山の神様はほとほと困っておりました。

一方、イノシシは海に住んでおりました。イノシシは泳ぎが下手で、いつも狩りをしくじって腹を空かせていたので、海の神様はイノシシの事をたいそう哀れに思っておりました。

そこで海の神様と山の神様は相談し、イノシシとクジラを取りかえる事にしました。山の神様に連れられたイノシシは、「俺は山の中で何を食べたら良いですか」と神様に聞きました。
「イノシシよ、お前さんは海で何を食べておったのかね?」
「俺は海ではエラブウナギ(海ヘビ)を食べておりました」
「では、エラブウナギに良く似たマムシを食べる事にしなさい」
以来イノシシはマムシを見つけると大喜びして、その周りを七廻りもぐるぐる回って、それから食べるのだそうです。

一方のクジラはと言うと、広い海に出て大喜び、あっちこっちで魚を追いかけまわしておりました。ある時、クジラがシャチの群れを追いかけまわしているのを海の神様が見つけました。その頃、シャチの歯はすだれのような形をし、海の小さな魚を濾しとって食べておりました。

海の神様はクジラの大食いに呆れ、また追われるシャチが可哀想になり、シャチの歯とクジラの牙を取り変えてしまいました。そしてシャチに「若しもクジラが海で暴れる事があったら、襲いかかって痛めつけてやれ」と命じました。

以来クジラは以前の暴れぶりも何処へやら、小さな魚を濾しとって食べる弱い生き物になってしまいました。そして少しでも暴れるそぶりを見せるとシャチの群れに追いかけられるようになりました。

時折、砂浜にあがって身動きが取れないクジラがありますが、あれはかつて住んでいた陸を恋しがっているのだそうです。

(投稿者: 熊猫堂 投稿日時 2012-9-6 20:17 )


ナレーション常田富士男
出典下野敏見(未来社刊)より
出典詳細種子島の民話 第二集(日本の民話34),下野敏見,未来社,1962年11月25日,原題「クジラとイノシシ」,採録地「西之表市上石寺」,話者「遠藤友二」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
6.0000 6.00 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/9/7 0:26 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

17 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)