このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1290
ようろうのたき
養老の滝

放送回:0816-A  放送日:1991年10月12日(平成03年10月12日)
演出:フクハラ・ヒロカズ  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:フクハラ・ヒロカズ
岐阜県 ) 18488hit
あらすじ

昔、美濃国の山奥に、甚太という男の子と病気で寝たきりの父親がふたりで暮らしていた。

甚太は、山へ行って薪を拾いそれをお金に換えていたが、この日は薪は少ししか売れなかった。父親の為にもお酒を買うことも出来ないので、団子を一本買うことにした。

団子屋のお祖母さんと孫娘は、甚太のことを不憫に思い一本おまけしてくれた。その夜は親子は久々に団子を食べて幸せな気分になった。

ある秋の日のこと。甚太はいつもより遠くの山へ出かけて薪をとり行ったが、奥へ行くうちに日が暮れてしまった。甚太は父親のことが気になったが、今から家へ帰るのは無理なので野宿することした。

夜が明けて目が覚めると、霧と共に良い匂いがしてきたので、匂いのする方へ歩いて行くと大きな滝に着いた。滝の水を手ですくって飲んでみると、身体が温かく元気になった。

甚太は瓢箪(ひょうたん)にこの水を沢山入れて持って帰り、父親に飲ませた。父親はこれは酒だと言った。

甚太は毎日、滝へ出かけて水を汲み、父親に飲ませたおかげで父親は元気になり働けるようになった。後日、甚太の家を訪ねた団子屋のお祖母さんと孫娘は「きっと山の神様が孝行息子の為に恵んだのだろう」と思った。

この滝の噂は国中に広がり、孝行息子が年老いた父親を養ったことから、養老の滝と呼ばれ語り継がれた。

(投稿者: Kotono Rena 投稿日時 2013-10-24 20:46)


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
備考出典元不明ですが、初期版のリメイク版である点をふまえ「岐阜」としています。
VHS情報VHS-BOX第2集(VHS第13巻)
場所について美濃国の養老の滝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.6000 8.60 (投票数 10) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/25 3:42 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)