このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1282
みやじまさんのこいし
宮島さんの小石

放送回:0811-A  放送日:1991年08月31日(平成03年08月31日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:若林常夫
要調査 / 広島県 ) 9919hit
あらすじ

吝嗇家(りんしょくか、ケチな人)と知られる物持ちの男は近所の人から敬遠され、仕方なく宮島参りの相棒に貧乏で知られる爺さんを誘った。

人の為に金を出すのを惜しむ男は、金がない爺さんに茶屋で団子を御馳走してやらず、爺さんの宿代を出したくないばかりに野宿し、宮島さんへの賽銭(確か一両)にも糸をつけて詣でた後に回収する程だった。

帰り道、男は小石に躓き人々に笑われてしまう。頭に来た男は小石を投げ捨てようとするが金色に輝くように見え、懐にしまった。帰路の途中、その石に再び目をやると輝きは失せ、ただの小石になっていた。「こんなもの~」と捨てようとするが爺さんに止められ、「いらんなら譲ってくれんか」と言われるが小石でも人にあげるのを惜しむ男は拒否。そのまま村まで持ち帰る。徹底したケチぶりから余計な金は一切持ち歩かないと言い、道中の旅費を一文も過不足なしに旅を終わらせたのだった。

村に帰った夜、爺さんは夢の中で観音様に「長者が持ち帰った小石を貰って磨け」と言われる。翌日、一緒に伊勢参りした男の屋敷を訪ねて小石を譲ってもらい(もしかしたら、金を出して買ったのかもしれません)、夢のお告げ通りに磨くと小石は黄金の塊となった。これによって爺さんは村一番の大金持ちになる。もう一方の男は大発生した鼠に蔵を荒らされ、山のようにあった米俵を一つ残らず食い尽くされてしまった。

金持ちになった爺さんは貧しい人に金を分け与え、落ちぶれた男にも金を分けてやり、村人全員は末永く幸せに暮らしたのだった。

(投稿者: 黒田 投稿日時 2011-11-12 21:07 )


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
出典詳細安芸・備後の民話(垣内稔,未来社)かもしれない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/12 22:05 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

17 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)