このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1281
かれいとひらめ
カレイとヒラメ

放送回:0810-A  放送日:1991年08月24日(平成03年08月24日)
演出:やすみ哲夫  文芸:沖島勲  美術:古宇田由紀子  作画:古宇田文男
ある所 ) 14019hit
あらすじ

昔、海での話。どの魚も、太陽の光が温かく差し込む海の上の方に集まって泳いでいました。そのため海の上の方がいつも混雑して、よく魚同士のぶつかり合いが起こっていました。

そこである日、体の小さい魚は上の方に、大きい魚は下の方に分かれて住もうと皆で相談しました。しかし、下の方に住まないといけなくなるカレイとヒラメだけは納得せず、この取り決めに従いませんでした。カレイとヒラメは上の方に住む小さな魚たちに乱暴し、ますます好き勝手に泳ぎ回りました。

あまりの暴れっぷりに怒った他の大きな魚たちは、カレイとヒラメを追いかけまわしました。カレイとヒラメは必死で逃げまわり、すきを見て海底の砂の中にもぐって身を隠しました。そうして砂の中にもぐり続けているうちに、現在のような目が片側に寄った平べったい姿になってしまいました。

今でもカレイとヒラメは、他の魚に見つかっては大変と、海底の砂の中から目だけを出して辺りを見回しているそうです。

(紅子 2011-10-30 20:22)


ナレーション市原悦子
出典「美方稿」より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/10/30 20:22 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

10 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)