このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1274
えのしまべんてん
江の島弁天

放送回:0805-B  放送日:1991年07月20日(平成03年07月20日)
演出:若林忠生  文芸:沖島勲  美術:なかちか東  作画:久保田彰三
鹿児島県 ) 16121hit
人攫いの舟から女達を救出した弁天様の話

昔、薩摩には夏になると、必ず鱶九郎(ふかくろう)という人攫い(ひとさらい)が来ていた。本拠地は分からず、四国の宇和島と言う者もいれば、瀬戸内海の因島と言う者もいた。

薩摩はたばこの名産地で、畑中がたばこだらけだった。たばこは大人の背よりも高く、畑に人が隠れていても分からないので、鱶九郎はたばこ畑に忍び、次々と女を攫っていった。

ある日の夜、鱶九郎が舟に乗って島から出ようとすると、霧が濃くなって一寸先も見えなくなった。舟に乗って進んでいると、「もし、そこの舟どこへ行くのですか」と、聞こえたので、辺りを見回してみると舟の舳先に娘が立っていた。「私は、この浜の育ちで、この辺りの事なら目隠しされていても、手に取るように分かります。私の言うとおりに進みなされ」と言って舟を進ませた。人攫いたちは、娘の言うとおり進んだ。

しばらくすると、島が見えたので舟をつけて一休みしていた。すると、むこうから六艘の舟が来て、浜に舟をつけて降りてきた。この舟には槍や弓を持った役人が乗っており、人攫いたちは一人残らず役人に捕まった。

攫われた娘たちが、島の近くで消えた不思議な娘の事を役人に話すと、役人も「自分たちに人攫いの事を知らせに来たのも娘だった。」と言う。娘たちが島を調べていると小さな社があって、開けてみると、さっきの娘にそっくりな弁財天様の像があった。不思議なことに、人攫いに捕まった娘を哀れに思った弁財天様が助けてくれたのだ。

それから薩摩は平和になり、安心して暮らせるようになった。弁財天様が祀られているこの島は、海潟温泉の目の前にある江の島だということだ。

(投稿者: KK 投稿日時 2012-10-4 20:38 )


参考URL(1)
http://www.kyosuiren.or.jp/html/page0146.html
ナレーション市原悦子
出典鹿児島の伝説(角川書店刊)より
出典詳細鹿児島の伝説(日本の伝説11),椋鳩十,角川書店,1976年10年10日,原題「江の島弁天」
場所について鹿児島県垂水市海潟の江の島(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.4615 9.46 (投票数 13) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/10/5 3:37 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)