このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1255
かわらけうり
かわらけ売り

放送回:0793-A  放送日:1991年04月27日(平成03年04月27日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:福井のり子  作画:朝倉隆
鳥取県 ) 9650hit
あらすじ

昔、鳥取のある町に藤助というかわらけを売る若者がおった。

ある日のこと、細い路地から大変美しい娘が現れた。藤助はかわらけを売ることも忘れて、娘の後を追いかけた。娘はずんずん進んでいき、大きな屋敷の中に入って行った。

藤助は娘が出てくるのを屋敷の前で待った。とうとう夜になってしまったが、一人の老婆が出てきて何をしているのかと藤助に問うた。

藤助が一晩の宿を申し出ると、老婆は快く藤助を屋敷の中へ受け入れた。老婆に本当は娘を追いかけてきたのだろうと悟られ、白状する藤助であったが、娘はこの屋敷に住むものではないという。

どこの娘か、謎かけを解いてほしいと、茶碗に水を入れて、その中に糸を通した針と小石を沈められたものを見せられた。藤助は娘に会いたい一心で、「播磨の国の小石村、茶碗屋のおみずさんという娘ではないか」と謎を解いた。

翌朝、藤助は娘を探して播磨の国へと向かった。そして播磨の国の小石村に着くと、大変立派な唐津屋(瀬戸物屋)を見つけた。藤助が店の中に入っていくと、主人が現れ、藤助の知恵をほめ、娘の婿にふさわしい男だ、と言った。

しかし、娘を嫁にやるために、もう1つやってほしいことがあるという。それは夜になってから、墓場の一番新しい墓を掘り起し、埋められている死体の額にかぶりつくこと、であった。

夜になって藤助と主人は墓場へ行った。新しい墓を掘り起し、やがて白木の棺桶のふたが出てきた。ふたを開けるとそこには見るも恐ろしい死体があった。藤助は肝をつぶしたが、死ぬ気で額にかぶりついた。しかしかぶりついた瞬間、藤助の口の中に甘いものが広がった。そう、死体は砂糖で作った人形であった。

これは藤助の勇気を試すものであった。主人は藤助こそ、娘の婿にふさわしいと言った。こうして藤助とおみずはめでたく夫婦になった。藤助は仕事に精をだし、唐津屋を一層大きい店として商売を繁盛させたという。

(投稿者:カケス 投稿日時 2014/5/18 13:58)


ナレーション市原悦子
出典鳥取の昔ばなし(三丘社刊)より
出典詳細里の語りべ聞き書き 第03巻,川内彩友美,三丘社,1988年08月10日,原題「かわらけ売り」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
5.5000 5.50 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/5/18 15:22 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

43 人のユーザが現在オンラインです。 (41 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)