このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1246
すずめざかや
すずめ酒屋

放送回:0787-A  放送日:1991年03月09日(平成03年03月09日)
演出:岩崎治彦  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:岩崎治彦
沖縄県 ) 13968hit
沖縄の地酒「泡盛」の由来

宮古島のある漁村で、ひとりの漁師が船を出す為に潮待ちをしていると、漁場の近くにある大岩のてっぺんにある穴に、スズメの群れが粟の穂を口に咥えて出入りしているのを見つけた。

幾日も同じ光景が見られたある日、漁師はスズメ達が何をしているのか気になり、大岩のてっぺんによじ登って見た。すると、穴の奥に水がたまっており、スズメ達がその水を飲んではふらふらと飛んでいるのであった。漁師がスズメの飲んでいる水を指ですくって舐めて見ると、甘酸っぱいような何とも良い味がする。木の葉ですくっては飲み、すくっては飲みしている内に、漁師もすっかり良い気分になってしまった。

漁師はそれ以後、その美味しい水の事が頭から離れなくなったが、ふと「スズメでも作れるのだから、俺にも作れるんじゃなかろうか」と思い立ち、粟の穂をどっさり集めて臼で突き、水をたっぷり注いで、その水をすくって飲んでみた。が、水は少しも美味しくなかった。

がっかりした漁師はそれっきり水の事を忘れていたが、それから幾日か後、家に戻って見ると臼の中の水が良い匂いを放っている。「さては!」と漁師が水をすくって飲んでみると、まさしくあの日大岩の上で飲んだ水の味であった。

漁師はこの美味しい水を早速村の仲間にも振る舞った。その後、この美味しい水は家々で作られるようになり、この美味しい水を仲立ちにして、村人同志が宴に呼んだり呼ばれたり、互いにうち解けて仲良く暮らすようになった。

これが沖縄の地酒「泡盛」のそもそもの起こりであるそうな。

(投稿者: 熊猫堂 投稿日時 2012-11-4 1:06 )


ナレーション市原悦子
出典クレジット不明
場所について宮古島(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
6.0000 6.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/11/4 2:38 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)